序論(Introduction)

バンケルエンジンバンケルエンジン(Wankel Engine)は、ドイツのフェリクス・ヴァンケル(Felix Heinrich Wankel)が発明したエンジンで、三角形のローターがペリトロコイド曲線をしたハウジングの中で遊星運動するエンジンです。吸排気はポート形状で弁が無く、2ストロークエンジンに近いものとなっています。

(Photograph from Wikipedia)


コスモ・スポーツこのエンジンは1959年にドイツのNSU社が試験開発し、1964年に、世界初のバンケルエンジン搭載の市販車、NSU・バンケルスパイダーが発売されます。1961年にヤンマーディーゼルと東洋工業(現在のマツダ)が技術提携し、1967年にマツダがコスモ・スポーツにロータリーエンジンの名称で搭載し、発売しました。10A型ロータリーエンジンは491cc×2の排気量で、圧縮比9.4、ツインプラグにより110ps/7000rpm、13.3kg/3500rpmを発生しました。
ロータリー・エンジン(Rotary engine)の名称は、1890年代にアメリカのステファン・M・バルツァー(Stephen Marius Balzer)が製作した、 シリンダーを放射状に配列し、固定されたクランクシャフトの周りをシリンダーブロックが回転する、3気筒のエンジンがロータリー・エンジン(Rotary engine)と呼ばれていたようです。ロータリー・エンジン(Rotary engine)arrow

(Photograph from Mazda Museum)

アニメーション(Animation)

pichori

吸入(Intake) 吸入(Intake)/圧縮(Compression)/排気(Exhaust)
ローターが回転し、圧縮は継続され、吸気ポートが開き燃料の吸入及が始まり、排気ポートが開き排気が始まります。
圧縮(Compression) 吸入(Intake)/着火(Ignition)/排気(Exhaust)
ローターが回転し、吸入及び排気は継続され、圧縮された混合気が点火プラグにより着火されます。
着火(Ignition) 吸入(Intake)/膨張(Expansion)/排気(Exhaust)
ローターが回転し、吸入及び排気は継続され、着火された燃料は膨張を開始し、さらにローターが回転します。
排気(Exhaust) 圧縮(Compression)/膨張(Expansion)
ローターが回転し、吸入及び排気が終了し、圧縮と排気が始まります。

戻る