pichori


序論(Introduction)

イヌマナ(INUMAN NA)は、1933年に高校生により結成されたフィリピンのバンド、パロキャ・ニ・エドゥガー(Parokya ni edgar)のシングルです。
彼らは、コミック・リリーフ(Comic Relief)という名前をつけて、バンドは当初3人のボーカリスト、チト・ミランダ(Chito Miranda)、ジェリック・エスタコ(Jeric Estaco)、ビィンチ・モンターネル(Vinci Montaner)と、2人のギタリスト、ミコヤップ(Miko Yap)、とガブ・チーキー(Gab Chee-Kee)で構成されていました。彼らは、学校の放課後に練習をし、技術を磨きます。その後、ドラマーとベーシストのディンディン・モレノ(Dindin Moreno)とブイ・メネセス(Buwi Meneses) が加わり、バンド名をパロキャ・ニ・エドガー(Parokya ni edgar)とします。
高校の卒業後に、ギタリストのミコヤップ(Miko Yap)と、ボーカリストのジェリック・エスタコ(Jeric Estaco)が一身上の都合によりバンドを出ますが、バンドは伝説的なローカルバンドハブ、クラブ・ドゥレッド(Club Dredd)でプレーを始めます。その後、ユニバーサル・レコード(Universal Records)のベラ・ディ・タン(Bella Dy Tan)常務の目に留まるり、契約アーティストとして契約します。彼らの最初のアルバム、「Khangkhungkherrnitz」は120,000枚を売り、フィリピンで打たれる3倍のプラチナになりました。

イヌマナ パロキャ・ニ・エドゥガ (Inuman Na Parokya ni edgar)

イヌマナ(Inuman Na)
パロキャ・ニ・エドゥガ(Parokya ni edgar)

T
Magbukas ka pa ng tuna
At kukulangin ang isa
Maglabas ka pa ng baso
At tatagayan ko kayo

U
Pahingi naman ng yosi
At paabot ng pansindi
Maghanap ka na ng pwesto
kaming bahala sa inyo

Chorus
Tama na yan Inuman na
'Oy pare ko'y Tumagay ka
Nananabik na lalamunan
Naghihintay, nag-aabang

V
May mag-jo-joke Sabay kampay
Biglang inom Sabay dighay
Kwentuhan na walang saysay
Tawanan na walang humpay

W
Pang-drinking marathon Ag laban
Tuloy-tuloy lng Ang inuman
Medyo may amats na ako
OK lang yan pareho tayo

Repeat Chorus
la la la la la la lasing
la la la la la la lasing
la la la la la la lasing
la la la la la la lasing


ページトップ
戻る