pichori


序論(Introduction)

噴煙を上げるマヨン山 2013年5月7日、マヨン山(Mayon Volcano)が噴火しました。目撃者によると噴煙は500メートルの高さにまで上がったそうです。フィリピン国家災害対策評議会は、現地当局者から噴火当時、最大で20人ほどの登山客とガイドがマヨン山に登っていて、5人が死亡し、7人が負傷したと報告されていると発表しました。火口に雨が接触して起きた通常見られる小規模な水蒸気爆発で、周辺住民に避難の必要はないそうです。

(2013年5月7日撮影 AFP/TED Charism Sayat)

内容(Contents)

レガスピ空港(Legazpi Airport)のマヨン山マヨン山(Mayon Volcano)はルソン島南部のビコル地方アルバイ州(Albay)にあり、レガスピ市(Legazpi)の北西15kmの平野部にそびえる高さ2,462mの成層火山。一帯はマヨン山国立公園に指定されています。「マヨン」は、ビコル地方の言葉で「マガヨン(magayon)」美しいという意味に由来すると言われていて、ほとんど完璧な円錐の形をしています。フィリピンの象徴的な山でコインのデザインにもなっています。富士山よりも斜面が険しく頂上が鋭いのでより印象が強く、日系人移民からは「ルソン富士」と呼ばれました。

2011年2月撮影 レガスピ空港(Legazpi Airport)


カグサワ教会跡(Cagsawa Church Ruins)マヨン火山の円錐型は火砕流と溶岩流の繰り返しによって作り出されたもので、400年に50回も噴火しているそうです。記録に残る最も大きな噴火は1814年2月1日に起きた噴火で、溶岩流が山から10kmのカグサワ(Cagsawa)の街を埋めて1,200人の死者が出たそうです。 マヨン火山はフィリピンで最も活動的な火山で、1993年の噴火による火砕流で70人以上の犠牲者を出し、2000年、2006年、2009年にも噴火しています。
カグサワ教会跡は、1814年に起きたマヨン火山の噴火で、教会を含むこのエリアのほとんどが崩壊してしまいましたが唯一、塔の部分だけが残り、カグサワ遺跡公園(Cagsawa Ruins Park)と呼ばれ、アルバイ州によって管理されています。公園は、各地からの観光客が徐々に増え、土産物や記念写真などを売る店ができ観光地化されています。

2011年2月撮影 カグサワ教会跡(Cagsawa Church Ruins)


噴煙を上げるマヨン山を背景に移動する住民 火砕流などの恐れのある場所は土地の利用規制が行われていますが、現地は貧しく、危険地帯として指定された場所で耕作せざるを得ない状況があります。 2013年05月07日にも噴火し、ドイツ人登山家4人とフィリピン人のガイド1人が亡くなりました。
2009年12月14日 マヨン山arrow

pichori


ページトップ
戻る