pichori


序論(Introduction)

キャンプ・バゴン・ディワ(CAMP BAGONG DIWA)はムンティンルパの隣タグイグ(Taguig)のビクタン(Bicutan)にある施設で、「NCRPO」国家首都圏地域警察署(National Capital Region Police Office) の本部と薬物傷害治療のドラッグリハビリテーションセンターがあります。

参考

  • 国防省(Department of National Defense)
  • フィリピン陸軍 (Armed forces of the Philippines)
  • 中央警察区域コマンド(CENTRAL POLICE DISTRICT COMMAND)
  • 犯罪捜査コマンド(CRIMINAL INVESTIGATION COMMAND)
  • クレイム基地 (CAMP CRAIM )
  • 東部警察区域コマンド(EASTERN POLICE DISTRICT COMMAND)
  • マニラ国際空港空港警察(MANILA INTERNATIONAL AIRPORT, AIR PORT POLICE DEPARTMENT)
  • 麻薬コマンド(NARCOTICS COMMAND )
  • 国家首都圏地域コマンド(NATIONAL CAPITAL REGION COMMAND)
  • 北部警察区域コマンド(NORTHERN POLICE DISTRICT COMMAND)
  • 国家捜査局(NATIONAL BUREAU OF INVESTIGATION)
  • 国家警察委員会(NATIONAL POLICE COMMISSION)
  • フィリピン空軍(Philippine Air Force )
  • フィリピン陸軍(Philippine ARMY)
  • フィリピン沿岸警備隊(Philippine Coast Guard)
  • フィリピン海兵隊(Philippine Marines Corps)
  • フィリピン・ナショナル・ポリス(Philippine National Police)
  • フィリピン海軍(Philippine NAVY)
  • フィリピン国家警察(PHILIPPINE NATIONAL POLICE)
  • 南部警察区域コマンド(SOUTHERN POLICE DISTRICT COMMAND)
  • 交通管理コマンド(TRAFFIC MANAGEMENT COMMAND )
  • 西部警察区域コマンド (WESTERN POLICE DISTRICT COMMAND)

内容(Contents)

こんな感じの屋外射撃場です。

屋外射撃場 屋外射撃場

発射後の跳ね上がり

発射後の跳ね上がりは、発射される実包の大きさと、グリップに大きく影響されます。単発の場合は特に問題になりませんが、連射の場合、2発目の発射が遅くなるためグリップはとても大切です。
「発射の反動で銃は上を向くから、あらかじめ下を狙うと的に当たる」ことはありません。
発射前 発射後
発射前:
グリップは弱めにしています。SHOOTERS、口径は.45です。
発射後:
かなり跳ね上がっていますが、弾は標的に当たっています。硝煙の位置が、発射された場所です。
発射前 発射後
発射前:
グリップは弱めにしています。ベレッタM92F、口径は9mmです
発射後:
かなり跳ね上がっていますが、45口径より少ないことが分かります。
45口径にて 45口径にて 45口径と9mm口径にて
45口径にて。 45口径にて。 45口径と9mm口径にて。

使用した銃

左:.45 コルトM1911A1(改)、中:.45 ポーランド軍用SHOOTERS、右:9mm ベレッタM92F 使用した銃

ページトップ
戻る