エル・フィリブステリスモ(El Filibusterismo)

エル・フィリブステリスモ(El Filibusterismo)

1887年、リサールは「ノリ・メ・タンヘレ」(Noli Me Tangere)、我に触れるなをベルリンで公刊し、後の1891年ベルギーのヘント(Ghent)で彼の第2の小説「エル・フィリブステリスモ」(El Filibusterismo)反逆を出版します。両方ともスペイン語で書かれていますが、スペイン圧政下に苦しむ植民地フィリピンの現状が克明に描き出されていた、フィリピン人の独立への機運を高めたと言われています。写真は「エル・フィリブステリスモ」(El Filibusterismo)です。

戻る