pichori


序論(Introduction)

タレ(tare)は、鶏と鶏が戦う競技「闘鶏」に使用されるナイフで、軍鶏(しゃも)の後方を向いた第1趾(あしゆび)にテーピングで固定します。テーピングにはそれぞれノウハウがあり専門にそれを行う業者がいます。

内容(Contents)

第1趾(あしゆび)のグローブ

練習では、第1趾(あしゆび)にグローブの保護を取り付け行われます。 写真、緑色の部分が第1趾(あしゆび)のグローブです。
第1趾(あしゆび)のグローブ

タレ(tare)と呼ばれるナイフです

写真で、緑色のグローブを装着しているところへこのタレを装着して戦います。刃を上向きにし、後向きに取り付けます。
タレ(tare)と呼ばれるナイフです
形状はさまざまで、片刃のもの、両刃のものなど数多くの種類があります。
タレ(tare)の種類
鶏の大きさ、相手に合わせ、タレ(tare)の大きさも選びます。
タレ(tare)の大きさ

ページトップ
戻る