pichori


第1回 JKG鍛造ナイフ部会作品展

2007年3月18日
東京都中央区銀座5-8-3
芝山銀座ビル 8Fにて
第1回 JKG鍛造ナイフ部会 作品展

会場の様子

作品展会場の様子
伊早坂 秀一さんのテーブル
右下2本のハンドルは「竹」に見えますが「つげ」の彫り物だそうです。拡大写真arrow
伊早坂 秀一さんのテーブル

伊早坂 秀一さんと加藤 清志さんの合作
ハンドルの交換がエンドキャップボルトにて容易に行える構造のナイフ。ブレード・ヒルト・ボルスター及びエンドキャップボルトを加藤さん、ダブルアイボリーハンドル・ハンドル交換方式及びシースを伊早坂さんが担当、ハンドルは上がピンクアイボリー下がエレファントアイボリー。
伊早坂秀一さんと加藤清志さんの合作
JKG鍛造ナイフ部会arrow

ページトップ
戻る