pichori


序論(Introduction)

人口素材のハンドル材には、加圧成形品のマイカルタ(Micarta)やガラス・エポキシ G10(Glass epoxy G10)、射出成形品のザイテル(ZytelR)などがあります。マイカルタは、米国、ウエスチングハウス社(Westing house)の商標で、現在はインターナショナル・ペーパー社(International Paper)で製造されています。麻のキャンバス地にフェノール樹脂をしみ込ませ、積層に加熱成型したキャンバスマイカルタ(Canvas micarta)、木綿のキャンバス地はリネンマイカルタ(Rinen micarta)、紙にエポキシ樹脂をしみ込ませ、積層に加圧成型した、ペーパーマイカルタ(Paper micarta)及びアイボリーマイカルタ(Ivory micarta)、薄い木の板を積層に加圧成型したウッドマイカルタ(Wood micarta)等があります。キャンパスマイカルタが最も高い強度をもっていて、以下リネンマイカルタ、ウッドマイカルタ、ペーパーマイカルタの順になっています。G10は一般に電気の絶縁基板用材料として利用されています。ザイテル(ZytelR)は、米国デュポン社(Du Pont)の商標で、ナイロン樹脂を主ポリマーとしガラス繊維などで機械的特性を強化した芳香族ナイロン樹脂コンパウンドです。
天然素材としては、動物の角、牙や歯、貝の殻、木などがあります。代表的な角としてはシカ科に属する、サンバー・スタッグ(Sambar stag)、エルク・ホーン(Elk Horn)、ヒツジ属の、シープ・ホーン(Sheep horn)、ウシ族のバッファロー・ホーン(Buffalo horn)、水牛(Bubalus arnee)等が挙げられます。 牙は、象牙(Ivory)が最も一般的ですがカバ(hippopotamus)の牙や、化石のマストドン(Mastodon)の牙等があります。
歯は、マッコウ鯨のものがよく利用されます。貝は、マザー・オブ・パール(真珠貝)の白蝶貝(White pearl shell)黒蝶貝(Black pearl shell)アバロン(Abalon)などがポケットナイフによく利用されます。木の場合、できるだけ堅く、木目の綺麗なものが良い条件になります。ココボロ(Cocobolo)デザート・アイアンウッド(Desert iron wood)カーリーメープル(Curly maple)エボニー(Ebony)ローズウッド(Rosewood)、などがよく利用されます。 天然素材は保存等に注意を払えば長くその雰囲気を維持することができ、経年変化、湿度の変化による変形、ひび割れ等を克服することができます。

内容(Contents)

人口素材


天然素材 動物


天然素材 木材


ページトップ
戻る