pichori


序論(Introduction)

鋼材を高温状態に熱してハンマープレス機などにより、機械的圧力で鍛錬しながら、必要な形状に造形し、製作する包丁を、鍛造包丁といいます。
材料となる鋼板を造る工程で、圧延ロールに材料を通して板を作り、その材料をプレス機で包丁の形状に打ち抜いて製作する包丁を、打ち抜き包丁といい、鍛造包丁と区別しています。
和包丁の場合、殆どは、鍛接(たんせつ)という鍛造方法で造られています。鍛接は日本古来の包丁の造り方で、鋼と地金をそれぞれ鍛造し、板状にして、その接合面に鉄粉、硼砂(ほうしゃ)などを入れて、両方を重ね加熱し、ハンマーで叩くと、溶けた硼砂が飛び出すのと同時に酸化鉄の皮膜も飛び出し、軟鉄と鋼の新しい肌と肌が接合します、この方法を鍛接と言います。
地金と鋼の境で色が分かれているのが、鍛接した鍛造包丁の特徴です。この面を砥石で仕上げると接合境の線が一本の線でなく、ボカした感じの線になるので鍛接包丁を霞(カスミ)包丁と呼びます。
鍛接を行なわないで、全体に鋼を使い、鍛えて造った包丁を本焼(ほんやき)包丁と呼びます。
本焼包丁は、鍛接包丁に比べ、自然に反りが出ることが少なく、製造工程で鍛接という作業がない分、低温で鍛造が可能なため、粒子の粗大化を防ぐことができます。

和包丁の火造り(Production of Japanese knives)

火造り工程・鍛造
加熱、叩き
加熱、叩き
和包丁(片刃)の地金になる極軟鉄の角材を赤く熱し、ハンマーで叩きます。

pichori

軟鉄と鋼の接合軟鉄と鋼の接合
接合剤として硼砂と酸化鉄粉をふりかけ、鋼をのせ、900℃前後の温度帯で加熱します。 その時に金属に付着しているスケールをしっかり落とすことにより、仕上がりの綺麗な包丁が出来上がります。 使用する鋼はSK鋼または安来鋼を使用します。
この作業を、鍛接といいます。

pichori

圧着
炉より温度の上がった材料を素早く取り出し、ハンマーで圧着(鍛造)します。
加熱したものをハンマーで叩くと、溶けた硼砂が飛び出すのと同時に酸化鉄の皮膜も飛び出し、軟鉄と鋼の新しい肌と肌が鍛接されます。

pichori

鍛造鍛造・コミ出し
材料の厚みやバランスを見ながら適当な形状に鍛造しながら、それをまた炉で加熱し、叩いて先端と中子を伸ばし、おおよその包丁の形にします。

pichori

圧着鍛造・コミ出し
更に、それをまた炉で加熱し、包丁の柄が入る中子を打ち伸ばし、おおよその形にする。
この作業を、コミ出しといいます。

pichori

広げ広げ
その後、温度を下げて、鋼の締まる温度帯で厚みを調整しながら鋼を締めていきます。
この作業を、広げといいます。

pichori

切りおとし切りおとし
広がりすぎた軟鉄を、包丁の形になるようにカットします。

pichori

切りおとした廃材切りおとし
写真は、切り落とされた部分です。

pichori

ならし打ちならし打ち
もう一度、温度を下げさらに鋼を締め鍛造が終了します。
この作業を、ならし打ちといいます。

pichori

成形成形
鍛造を終えた包丁を、荒削りして、サイズの調整をします。
この作業を型すりといいます。

pichori

(Photograph from 吉金刃物製作所)


ページトップ
戻る