スペインの硬貨 1758年 ピラーダラー スペインの硬貨 1758年 ピラーダラー
画像をクリックすると最大表示します

1758年 ピラーダラー(pillar dollar)

1746年から1759年に発行、材質(Material):91.7%銀(Silver)、直径(Diameter):39.0mm、重量(Weight):27.0g。
左 「FERDND・VI・D・G・HISPAN・ET IND・REX」 スペインの国章
右 「VTRA QUE VNUM」「1753」 ヘラクレスの柱。


フェルナンド6世は、フェリペ5世と王妃マリア・ルイサの4男。父フェリペ5世は1724年に一時退位し、フェルナンド6世の長兄 ルイス1世 に王位を譲っていましたが、ルイス1世がその年のうちに急死したため復位し、1746年に死去するまで在位します。他の兄はルイス1世より先に早世していたため、フェリペ5世の死に伴いフェルナンド6世が王位につきます。フェルナンド6世は1729年にポルトガル王ジョアン5世の娘バルバラと結婚しましたが、子供はできませんでした。フェルナンド6世の死後、ナポリ王およびシチリア王であった異母弟 カルロス3世が代わってスペイン王位につきます。
ヘラクレスの柱(Pillars of Hercules)は、ジブラルタル海峡の入口にある岬につけられた古代の地名。柱に巻きつけられているリボンには、Plus Ultra(プルス ウルトラ)、意味は、「さらなる先進」「もっと向うへ」というラテン語で、 カルロス1世のモットーから採用されたものです。 これは神話に出てくる、世界の果てを示す柱に刻まれた警句「Non Plus Ultra(この向こうには何もない)」の反語のようでもあります。
柱の上に載っている王冠は、左が神聖ローマ皇帝冠、右がスペイン王冠。真ん中の地球儀(摩耗してわかりませんが)は、左が、南北アメリカ、オーストラリア大陸とその周辺諸島を表した新世界(new world)で、右が、アフロ・ユーラシア(Afro-Eurasia)大陸(ヨーロッパ、アジア、アフリカ)を表した旧世界(old world)です。「VTRA QUE VNUM」は、「2つで1つ」、下には海が描かれています。


戻る