pichori


序論(Introduction)

ジンバブエ共和国(Republic of Zimbabwe)、通称ジンバブエ(zimbabwe)は、アフリカ南部の共和制国家。首都はハラレ。アフリカ南部に位置し、モザンビーク、南アフリカ、ボツワナ、ザンビアと国境を接しています。ザンビア国境にはビクトリア滝が位置し、内陸国で海岸線をもっていません。面積は390,580 km2で世界第59位、日本は、377,835 km2で世界60位、ほぼ日本と同じ面積。人口は1,340万人(2007年 世銀推定)。気候は熱帯性で、高度のため多少温暖。雨季は11月から3月にかけて続きます。地形は中央高地をもつ高原が大部分を占め、国の東部は山岳地帯です。国内最高地点はインヤンガリで標高2,592m。石炭、クロム鉱石、アスベスト、金、ニッケル、銅、鉄鉱石、バナジウム、リチウム、錫、プラチナ族金属を産出しています。イギリス連邦の元加盟国。

内容(Contents)

  • ジンバブエ・ドル(ZWD)
    • 世界で最もインフレが激しく、2006年8月1日に最初のデノミネーションが行われました。ジンバブエ・ドルは3桁切り捨てられ、有効期限のある持参人払式小切手が発行されます。しかし、更にインフレが激しくなり、2008年7月19日には、1,000億ドルの特別アグロ小切手が発行されます、これは発行時点で世界最高額面の紙幣でした。そのため、コンピュータ処理にトラブルが発生したことから、中央銀行はデノミネーションを実施し、大幅な通貨単位の引き下げを実施することを決定し、2008年8月1日には、2度目のデノミネーションが行われました。ジンバブエ・ドルは10桁切り捨てられ、100億ジンバブエドルは新1ジンバブエ・ドルとなります。しかし、さらにインフレが続いたため、2008年12月末には100億ドル新紙幣を発行し、2009年1月には再び200億ドル紙幣と500億ドル紙幣の発行を行いました。この時点でジンバブエ・ドルの価値は、250億ジンバブエ・ドル=1米ドルとなり、2009年1月16日には10兆ドル紙幣と、流通はしませんでしたが20兆ドル、50兆ドル、100兆ドル紙幣が発行されます。2009年1月には、年間インフレ率は約2億3000万%に達します。2009年2月2日には、3度目のデノミネーションが行われ、1兆ジンバブエ・ドルが新1ジンバブエ・ドルになる12桁のデノミネーションが実施されました。
  • 最初のドル
    • 最初のジンバブエ・ドルは1980年にローデシア・ドルと等価交換により導入されました。コードはZWD。導入当初のジンバブエドルは、ZWD0.68=USD1.00でしたがその後の通貨価値は急速に下落します。
      • 1980年、ジンバブエ準備銀行は2、5、10、20ドル紙幣を発行します。
      • 1994年、50ドル紙幣を発行します。
      • 1995年、100ドル紙幣を発行します。
      • 2001年、500ドル紙幣を発行します。
      • 2003年、1000ドル紙幣を発行します。
      • 2003年、インフレーションが激しくなり、準備銀行は1,000、5,000、1万、2万ドルのトラベラーズチェックを発行します。 10万ドルのトラベラーズチェック
      • 2006年、5万、10万ドルのトラベラーズチェックを発行します。同年、トラベラーズチェックは持参人払式小切手に置き換わります。
  • 2番目のドル
    • 2006年6月、ジンバブエ準備銀行は、旧通貨を新しい紙幣と硬貨に置き換えます。 2006年8月1日、デノミネーションが行われ、ジンバブエ・ドルは3桁切り捨てられます。デノミと共に、政府は米ドルに対して通貨を60%切り下げ、交換レートを1米ドル=101,000旧ジンバブエ・ドル(101新ドル)から250新ジンバブエ・ドルへと変更しました。
      1ドル持参人払式小切手2006年8月1日、新通貨が登場して、1、5、10、50セント、1、5、10、20、50、100、500、1,000、1万、10万ドル持参人払式小切手が発行されます。
      • 2007年3月、5,000ドル(2007年2月1日付)と5万ドル(2007年3月1日付)の持参人払式小切手が発行されます。
      • 2007年8月、20万ドル(2007年8月1日付)の持参人払式小切手が発行されます。
      • 2007年12月20日には25万ドル、50万ドル、75万ドルの持参人払式小切手が発行されます。
      • 2008年1月18日には100万ドル、500万、1000万ドルの持参人払式小切手が発行されます。
      • 2008年4月4日、新たに2500万ドル、5,000万ドルの持参人払式小切手が発行されます。
      • 2008年5月5日、1億ドル、2億5,000万ドルの持参人払式小切手が発行されます。
      • 2008年5月15日、5億ドルの持参人払式小切手が発行され、持参人払式小切手とは別に、50億、250億、500億ドルの特別アグロ小切手(Special Agro Cheques)が発行されます。 1,000億ドルの特別アグロ小切手
      • 2008年7月19日、1,000億ドルの特別アグロ小切手が発行されます。
        全部で32種類発行されたました。
  • 3番目のドル
    • 2008年8月1日、100億ジンバブエドルを新1ジンバブエドルにするデノミネーションが行われ、ジンバブエ・ドルは10桁切り捨てられます。
      1ドル紙幣2008年8月1日、新通貨が登場して、1、5、10、20、100、500ドル紙幣が発行されます。 2008年9月17日、1000ドル紙幣が発行されます。
      • 2008年9月30日、2万ドル紙幣が発行されます。 2008年10月14日、5万ドル紙幣が発行されます。
      • 2008年11月3日、10万、50万、100万ドル紙幣が発行されます。
      • 2008年12月3日、1,000万、5000万、1億ドル紙幣が発行されます。
      • 2008年12月12日、2億、5億ドル紙幣が発行されます。
      • 2008年12月19日、10億、50億、100億ドル紙幣が発行されます。
      • 2009年1月12日、200億、500億ドル紙幣が発行されます。100兆ドル紙幣
      • 2009年1月16日、10兆、20兆、50兆、100兆ドル紙幣が発行されますが、20兆、50兆、100兆ドルは流通しませんでした。 全部で27種類発行されたました。
  • 4番目のドル
    • 2009年2月2日、前回のデノミネーションからの半年後、1兆ジンバブエ・ドルが新1ジンバブエ・ドルになる12桁のデノミネーションが実施されました。 1ドル紙幣
      • 2009年2月2日、1、5、10、20、50、100、500ドルの7種類の紙幣が発行され、3番目のドルは2009年6月30日を以て無効となりました。
      『世界でも記録的なハイパーインフレーションが続くジンバブエの中央銀行は2日、1兆ジンバブエ・ドルが新1ジンバブエ・ドルになる12桁のデノミネーション(通貨単位の切り下げ)を実施し、7種類の新札を発行した。
      ジンバブエ準備銀行(中央銀行)のギデオン・ゴノ(Gideon Gono)総裁は、疲弊した経済を建て直すため「中央銀行は通貨の12桁を切り下げた」と述べ、新ドルで1ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドル、500ドルの7種類を直ちに発行したと発表した。
      ゴノ総裁は「昨日までは兆単位のお金を持っていた資産家たちよ。悪いが、今日は好きな飲み物も買えないよ」とコメントした。
      デノミ直前まで流通していた紙幣の最高額は10兆ドル札だが、中央銀行は1月に、100兆ドル札の発行も予告していた。2月1日時点の為替相場は、1米ドルが約4兆ジンバブエ・ドルだった。
      ジンバブエ経済は08年7月に年率2億3100万%の物価上昇率を記録し、世界最悪水準を更新して以降、歴史に残るハイパーインフレーション下で崩壊の一途をたどってきた。また、同7月には10桁のデノミを実施している。
      政府は前週、商取引の際の外国通貨の使用を全面的に解禁した。』

      2009年2月2日、 AFP通信

      2009年2月18日、政府は公務員に対して米ドルによって給与を支払うと発表します。これによりジンバブエ・ドルは公式には流通しなくなりました。
      2009年4月12日、政府の経済計画改革大臣のエルトン・マンゴマ氏は、「最低1年間は、ジンバブエ・ドルは流通しないだろう。現時点で価値を抑える早急な手立てがないため、新たなジンバブエ・ドルの発行ができない。」と現地の新聞に答え、政府としてジンバブエドルの無期限発行停止を発表しました。

発行日(Issue date) 発行紙幣(Issue bill) Dollar
2008/8/1 One Dollar 1
Five Dollars 5
Twenty Dollars 20
One hundred Dollars 100
2008/8/1 Five Hundred Dollars 500
2008/9/17 One Thousand Dollars 1,000
2008/9/30 Twenty Thousand Dollars 20,000
2008/10/14 Fifty Thousand Dollars Dollars 50,000
2008/11/3 One hundred Thousand Dollars 100,000
Five Hundred Thousand Dollars 500,000
One Million Dollars 1,000,000
2008/12/3 Ten Million Dollars 10,000,000
Fifty Million Dollars 50,000,000
One hundred million Dollars 100,000,000
2008/12/12 Two hundred million Dollars 200,000,000
Five Hundred Million Dollars 500,000,000
2008/12/19 One Billion Dollars 1,000,000,000
Five Billion Dollars 5,000,000,000
Ten Billion Dollars 10,000,000,000
2009/1/12 Twenty Billion Dollars 20,000,000,000
Fifty Billion Dollars 50,000,000,000
2009/1/16 Ten Trillion Dollars 10,000,000,000,000
twenty Trillion Dollars 20,000,000,000,000
Fifity Trillion Dollars 50,000,000,000,000
One Hundred Trillion Dollars 100,000,000,000,000

インフレーション紙幣arrow

ページトップ
戻る