NY:メトロポリタン美術館、ピカソの盲人の食事(The Blind Man's Meal)
画像をクリックすると最大表示します

NY:メトロポリタン美術館、ピカソの盲人の食事(The Blind Man's Meal)

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある美術館。
1864年(文久4年)に、アメリカ独立記念日を祝うために集まったアメリカ人たちの会合の席で、参加者のひとりだったジョン・ジョンストン(John Taylor Johnston)が、メトロポリタン美術館の設立構想を訴え、1870年に開館します。 美術品は、基金による購入や、様々なコレクターからの寄贈によって集められました。現在では、絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵しています。


NY:メトロポリタン美術館、ピカソの盲人の食事(The Blind Man's Meal) パブロ・ピカソ(Pablo piccaso)
スペイン(Spanish) 1881-1973
盲人の食事(The Blind Man's Meal) 1903 キャンバスに油彩(Oil on canvas)
ピカソの青の時代(Blue Period)のキャンバスの中で最も重要なものの1つであるこの作品は、クリスチャンの肉と血を現すためのパンとワインを味わう儀式、聖餐式(せいさんしき)を顕著に再現したものです。 ピカソは彼の友人、フランスの詩人マックスヤコブ(Max Jacob)への手紙の中で絵を説明しています、「私は盲目の男を絵に描いている。彼は左手にパンを、右手にはワインの瓶を持っています。近くに犬がいる。 私はそれにはかなり満足している、それはまだ完了していません。」 当初、犬が左下のプレートの近くに描かれていたことを示しています。


戻る