NY:メトロポリタン美術館、睡蓮の池の上の橋(Bridge over a Pond of Water Lilies)
画像をクリックすると最大表示します

NY:メトロポリタン美術館、睡蓮の池の上の橋(Bridge over a Pond of Water Lilies)

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある美術館。
1864年(文久4年)に、アメリカ独立記念日を祝うために集まったアメリカ人たちの会合の席で、参加者のひとりだったジョン・ジョンストン(John Taylor Johnston)が、メトロポリタン美術館の設立構想を訴え、1870年に開館します。 美術品は、基金による購入や、様々なコレクターからの寄贈によって集められました。現在では、絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵しています。


NY:メトロポリタン美術館、睡蓮の池の上の橋(Bridge over a Pond of Water Lilies)クロード・モネ(Claude Monet)
フランス(French) パリ(Paris) 1840-1926 ジヴェルニー(Giverny)
睡蓮の池の上の橋(Bridge over a Pond of Water Lilies) 1899 キャンバスに油彩(Oil on canvas)
モネが、池の上の橋の制作に本格的に取り組み始めた1899年〜1900年頃の12の作品群のひとつで、経済的にゆとりを持てるようになったモネが、日本から庭師を呼び寄せ、パリ郊外のジヴェルニーで購入した自宅兼アトリエに建造した庭の池とそこに咲く草花や睡蓮を描いたモネの1890年代以降を代表する作品のひとつです。日本風太鼓橋(La port japonais)としてこの太鼓橋を再度描いています。


戻る