NY:メトロポリタン美術館、ルーアン大聖堂(Rouen Cathedral)
画像をクリックすると最大表示します

NY:メトロポリタン美術館、ルーアン大聖堂(Rouen Cathedral)

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある美術館。
1864年(文久4年)に、アメリカ独立記念日を祝うために集まったアメリカ人たちの会合の席で、参加者のひとりだったジョン・ジョンストン(John Taylor Johnston)が、メトロポリタン美術館の設立構想を訴え、1870年に開館します。 美術品は、基金による購入や、様々なコレクターからの寄贈によって集められました。現在では、絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵しています。


NY:メトロポリタン美術館、ルーアン大聖堂(Rouen Cathedral)クロード・モネ(Claude Monet)
フランス(French) パリ(Paris) 1840-1926 ジヴェルニー(Giverny)
ルーアン大聖堂(Rouen Cathedral) 入口(The Portal) (日光(Sunlight)) 1894 キャンバスに油彩(Oil on canvas)
ルーアン大聖堂は1892年と1893年に集中して描かれた作品群で、全部で33点の作品がありますが、ほとんどが大聖堂の扉口と左側の塔をやや斜めから捉えた構図をしています。 1つのキャンバスから別のキャンバスに移動すると、モネは彫刻された石の面を伝えるため、テクスチャ(texture)付きのブラシストローク(brushstrokes)で正面を描き、雰囲気と光を触知できるようにしました。 モネはその後、ジヴェルニーのスタジオで、相互に関連した画像を調整し作品を仕上げました。 したがって、この絵のように、ほとんどが1894年の日付と署名がされています。


戻る