NY:メトロポリタン美術館、モネのジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝(Morning on the Seine near Giverny)
画像をクリックすると最大表示します

NY:メトロポリタン美術館、モネのジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝(Morning on the Seine near Giverny)

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある美術館。
1864年(文久4年)に、アメリカ独立記念日を祝うために集まったアメリカ人たちの会合の席で、参加者のひとりだったジョン・ジョンストン(John Taylor Johnston)が、メトロポリタン美術館の設立構想を訴え、1870年に開館します。 美術品は、基金による購入や、様々なコレクターからの寄贈によって集められました。現在では、絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵しています。


NY:メトロポリタン美術館、モネのジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝(Morning on the Seine near Giverny)クロード・モネ(Claude Monet)
フランス(French) パリ(Paris) 1840-1926 ジヴェルニー(Giverny)
ジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝(Morning on the Seine near Giverny) 1897 キャンバスに油彩(Oil on canvas)
1896年に始まり、モネのセーヌ川の朝は、悪天候のために1897年まで完成しませんでした。モネは、川沿いの眺めを忍耐強く観察した後、フローティングスタジオ(Floating studio)に変えたボートから絵を描きました。モネは太陽が上がったときに、光が変化する効果を描くために、長い間、早朝3時半に家を出て制作場所となるこの合流地点に向かったそうです。 その後、21点から構成されるにキャンバスを並べて21点から構成されるシリーズとして完成させました。


戻る