NY:メトロポリタン美術館、ゴッホのゴッホの花咲く果樹園(The Flowering Orchard)
画像をクリックすると最大表示します

NY:メトロポリタン美術館、ゴッホの花咲く果樹園(The Flowering Orchard)

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある美術館。
1864年(文久4年)に、アメリカ独立記念日を祝うために集まったアメリカ人たちの会合の席で、参加者のひとりだったジョン・ジョンストン(John Taylor Johnston)が、メトロポリタン美術館の設立構想を訴え、1870年に開館します。 美術品は、基金による購入や、様々なコレクターからの寄贈によって集められました。現在では、絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵しています。


NY:メトロポリタン美術館、花咲く果樹園(The Flowering Orchard) フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)
ズンデルト(Zundert) オーヴェル・シュル・オワーズ(Auvers-sur-Oise) 1853-1890
花咲く果樹園(The Flowering Orchard)、1888 キャンバスに油彩(Oil on canvas)
1888年に移り住んだ2月のアルル(Arles)は、季節の変わり目特有の雪の嵐でしたが、2週間で木々は芽吹き始め、ゴッホが兄弟のテオに書いたように、「木々は花が咲き誇っていて、私はプロヴァンスの果樹園をすごく盛り上げたい」とゴッホは新しい環境を喜びました。 3月下旬から4月下旬にかけて、ゴッホは14枚のキャンバスを対象にして、さまざまなサイズ、フォーマット、スタイルで作業しました。 「花咲く果樹」には、モチーフの描写や色彩の配置に関して日本の浮世絵版画の影響が色濃く表れていると言われています。


戻る