NY:メトロポリタン美術館、ゴーギャンの2人のタヒチアン女性(Two Tahitian Women)
画像をクリックすると最大表示します

NY:メトロポリタン美術館、ゴーギャンの2人のタヒチアン女性(Two Tahitian Women)

メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンにある美術館。
1864年(文久4年)に、アメリカ独立記念日を祝うために集まったアメリカ人たちの会合の席で、参加者のひとりだったジョン・ジョンストン(John Taylor Johnston)が、メトロポリタン美術館の設立構想を訴え、1870年に開館します。 美術品は、基金による購入や、様々なコレクターからの寄贈によって集められました。現在では、絵画・彫刻・写真・工芸品ほか家具・楽器・装飾品など300万点の美術品を所蔵しています。


NY:メトロポリタン美術館、ゴーギャンの2人のタヒチアン女性(Two Tahitian Women) ポール・ゴーギャン(Paul gauguin)
フランス(French) パリ(Paris) 1848-1903 マルキーズ諸島(Marquesas Islands)、ヒバオア(Hiva Oa)、アチュオーナ(Atuona)
2人のタヒチアン女性(Two Tahitian Women) 1899 キャンバスに油彩(Oil on canvas)
2人のタヒチアン女性は、ゴーギャン(Gauguin)による1899年の作品です。上半身が裸のタヒチ島の女性が2人描かれていて、1人は、マンゴーの花が乗ったプレートを手に持っています。その隣の女性も、花を手に持っています。 ゴーギャン(Gauguin)はタヒチでの仕事を終わらせたので、ネイティブの女性の美しさと静かな美徳に注目しました。 絵画の女性は、1898年のタヒチ牧歌(Tahitian Pastoral)と、1899年の果物収穫(Fruit Gathering)の2作品にも出演しています。


戻る