広島県:呉のFバース
画像をクリックすると最大表示します

広島県:呉のFバース

呉は海軍時代からの歴史の息吹が今なお感じられる街で、近傍を含め多くの旧跡にも恵まれている一方、「大和ミュージアム」や「てつのくじら館」など海軍や海上自衛隊を知ることのできる特徴的な施設などがあります。
Fバースは、広島県呉市昭和町の海上自衛隊呉基地(Kure Naval Base)にある浮桟橋で、毎週日曜日にここで護衛艦が一般公開されています。30年間使用した240mのFバースが老朽化し、2014年(平成26年)10月1日に国内最長の浮桟橋が接地されました。全長420m、幅22.5m。
左手前の艦船は、海上自衛隊の練習艦しまゆき(DD-133)。はつゆき型護衛艦の12番艦で、現在はしまゆき型練習艦の1番艦。
右手前は、すがしま型掃海艇。 右奥は、海上自衛隊のヘリコプター搭載護衛艦かが( DDH-184)。いずも型護衛艦の2番艦。左奥は、たかなみ型護衛艦。


戻る