神奈川県:川崎大師の大山門
画像をクリックすると最大表示します

神奈川県:川崎大師の大山門

川崎大師は、神奈川県川崎市川崎区にある、真言宗智山派の大本山。正式名称は平間寺(へいけんじ)。1128年(大治3年)建立。
大山門(だいさんもん)は、1977年(昭和52年)11月に開創850年記念事業として建立されました。鉄筋コンクリート造りで、京都、東福寺(とうふくじ)の三門を参考に設計されたそうです。四方には、仏法の守護尊として京都東寺の国宝・四天王像を模刻、鋳造した持国天(東方)、増長天(南方)、広目天(西方)、多聞天(北方)が奉安(ほうあん)されています。上層部分は経庫になっていて、同寺で行われる「写経会」で写経された経文や、奉納された写経が収められているそうです。上層部分に安置されていた薬師如来像は、薬師殿落慶にともない、遷座(せんざ)された。

(From Wikipedia)


戻る