静岡県:富士スピードウェイのロータス77フォード
画像をクリックすると最大表示します

静岡県:富士スピードウェイのロータス77フォード

富士スピードウェイは、静岡県駿東郡小山町にあるサーキットで、1966年に開業しました。2004年に改修工事が行なわれ、2005年4月に全長4.563kmのサーキットとしてリニューアルオープンしました。
2007年 F1日本グランプリは、富士スピードウェイで28日にフリー走行、29日に予選、30日に決勝が行われました。富士スピードウェイで行われるF1日本グランプリは、1977年以来30年ぶり3回目となります。1978年から2006年までのF1日本は、鈴鹿サーキットで行われていましたが、2007年、2008年は富士スピードウェイで行われることとなり、2009年からは、鈴鹿サーキットと交互開催になる予定と言われています。
ロータス77フォードは、1976年、富士スピードウェイで行われた、第1回F1日本GPの優勝車。大会名は、「F1世界選手権・イン・ジャパン」でした。スタート直後は大雨のため、レースを中断するドライバーもいましたが、途中から雨が上がり、タイヤ交換などで順位が激しく入れ替わり、混乱した展開となりました。優勝したマリオ・アンドレッティ(Mario Gabriele Andretti)は、1978年のF1ワールドチャンピオンを獲得。また、インディ500、デイトナ500とF1チャンピオンを全て獲得した唯一のドライバーでもあります。黒いロータスのJohn Player Specialでも知られていました。
シャシー名 ロータス77、ホイールベース 2795mm、トレッド 1475mm/1500mm、重量:589kg エンジン名 フォードコスワースDFV、V型8気筒2993cc、465bhp/10500rpm


戻る