ホンダ S600

ホンダ S600S600は、1964年3月〜1965年12月に本田技研工業がS500に引き続き生産したFR、2シーターのオープンスポーツカーです。エンジンは、水冷直列4気筒 606CCのDOHCエンジンAS285E型を搭載。 京浜精機製作所の4連キャブレターを装備、等長エキゾーストマニホールドで、9500rpmからがレッドゾーンの、高回転のエンジンで、吹け上がりは軽くピーキーな性格。フロントサスペンションは縦置きトーションバースプリングとダブルウイッシュボーン、リアサスペンションは、コイルスプリングとトレーリングアームの組み合わせの4輪独立懸架。リアは駆動用チェーンケースをトレーリングアームと兼用とした、チェーンアクスルを採用。これはオートバイでは当たり前の構造ですが、クルマでは大変珍しい構造です。 1964年5月、鈴鹿 サーキットで開催された第2回日本グランプリのGT-1レースで優勝、同年9月、ドイツのニュルブルクリンク500km耐久レースに出場し、1000ccクラスで優勝。

諸元

車両の色
全長(mm) 3300
全幅(mm) 1400
全高(mm) 1200
軸距(mm) 2000
輪距(mm) 前1150 後1128
最低地上高(mm) 160
車両重量(kg) 695(715)
最高出力(PS/rpm) 57/8,500
最大トルク(kg-m/rpm) 5.2/5,500
最高速度(km/h) 145
登坂能力(度) 19°30'
舗装平坦路燃費率 20km/L(車速40km/h)
最小回転半径(m) 4.3
定員(名) 2
エンジン 水冷4サイクル4気筒
内径×行程(mm) 54.5×65
総排気量(cc) 606
圧縮比 9.5
変速機形式 前進4段、後進1段 2,3,4速シンクロメッシュ
タイヤサイズ 5.20-13-4PR
5.20-13-4PR
燃料タンク容量(L) 25
主ブレーキ種類型式 油圧式リーディングトレーリングシュー形式
懸架方式 トーションバー式ウイッシュボーン独立懸架
コイルバネ式トレーリングアーム独立懸架
1964年3月のカタログより

戻る