ホンダ CITY TURBOU

CITY TURBOUCITY TURBOUは、1983年11月から1986年9月までホンダ技研工業が生産した、5人乗り2ドアセダンです。
エンジンは、水冷直列4気筒1231ccのOHCエンジンER(ターボ付)型を搭載。ターボエンジンにクラス初のインタークーラーが搭載され、110ps/5,500rpmの出力。ダッシュボードには、オレンジ色の液晶で過給圧の変化を表示するグラフィックターボメーターがあり、ブルドッグの愛称がありました。
印象は何と言っても、オレンジ色のターボメーターに伴う加速でしょう。

諸元

車両の色
車両型式 ホンダ・E-FA
全長(mm) 3.420
全幅(mm) 1.625
全高(mm) 1.470
ホイールベース(mm) 2.220
トレッド(mm) 1.400
1.390
車両重量(kg) 735(745)
定員(名) 5
エンジン ER(ターボ付)
エンジン種類 CVCC・水冷直列4気筒横置OHC
弁機構 1頭上カム軸3パルブベルト駆動
排気量 cc 1,231
最高出力(ps/rpm) 110/5,000
最大トルク(kgm/rpm) 16.3/3,000
燃料供給装置形式 電子燃料噴射式(PGM-F1)
タンク容量 L 41
クラッチ 乾燥単板ダイヤフラム式
変速機形式 前進5段・後進1段 前進オールシンクロメッシュ
減速機減速比 4.066
ブレーキ 油圧真空倍力装置付ベンチレーテッドディスク
油圧真空倍力装置付リーディングトレーリング(PCV付)
駐車ブレーキ 機械式後2輪制動
懸架方式 マクファーソン・ストラット方式独立懸架
マクファーソン・ストラット方式独立懸架(コイル分離式)
カジ取り形式 ラック&ピニオン式
タイヤサイズ 185/60 R13 80H
185/60 R13 80H
最小回転半径 m 4.6(車体5.0)
1983年11月のカタログより

戻る