ホンダ CITY GG

ホンダ CITY GGCITY GGは、AA型の後継として、1986年10月から1993年までホンダ技研工業が生産した、5人乗り2ドアセダンです。
GA1は車両重量が700kgと計量で、1カム16バルブの1986年当時、このクラスとしては初のメカニズムを搭載したいました。パワーステアリングを装備。モノコックボディになどにより69db*の静粛性を実現。

諸元

車両の色
車両型式 ホンダ・E-GA1
全長(mm) 3,560
全幅(mm) 1,620
全高(mm) 1,335
ホイールベース(mm) 2,400
トレッド(mm) 1,400
1,410
車両重量(kg) 700
定員(名) 5
エンジン D12A
エンジン種類 水冷直列4気筒横置
弁機構 SOHCベルト駆動 吸気2 排気2
排気量 cc 1,237
最高出力(ps/rpm) 76/6,500
最大トルク(kgm/rpm) 10.0/4,000
燃料供給装置形式 キャブレーター式
タンク容量 L 40
クラッチ 乾燥単板ダイヤフラム式
変速機形式 前進5段・後進1段 前進オールシンクロメッシュ
減速機減速比 4.266
ブレーキ 油圧真空倍力装置付ディスク
油圧真空倍力装置付リーディングトレーリング
駐車ブレーキ 機械式後2輪制動
懸架方式 マクファーソン・ストラット方式独立懸架
車軸式
カジ取り形式 ラック&ピニオン式
タイヤサイズ 165/70SR12
165/70SR12
最小回転半径 m 4.6
1986年10月のカタログより

戻る