プリンス スカイライン2000GT

プリンス スカイライン2000GT

1964年、GTカーの公認を取得するには同一車種を100台以上生産しなければならないという条件がありました。S50型スカイラインのノーズを200mm延長し、グロリア用のG7型2000ccエンジンを搭載して生まれたのがプリンス、スカイライン2000GT(S54A-1)でした。1964年、鈴鹿サーキットでおこなわれた、第2回日本グランプリのGT-IIレースで、式場壮吉(しきばそうきち)のポルシェ904が、生沢徹のスカイラインGTに一時抜かれてしまいます。当時世界最高と言われたポルシェ904を、スカイラインが抜いたことから、スカイライン伝説が生まれることとなります。
写真は、第2回日本グランプリGT-IIクラスで2位に入賞した砂子義一の39号車。(http://www.jsae.or.jpより)

諸元

■ 車名:プリンス スカイライン2000GT S54型
■ ホイールベース:2590mm トレッド:1265mm/1255mm 重量:1070kg
■ エンジン:G7型 4速 直列6気筒OHC1988cc 3連装ウエーバー 125ps/5600rpm 17.0kgm/4400rpm
■ サスペンション:前ウイッシュボーン、ボールジョイント式 後 半浮動式
■ タイヤ:グッドイヤー


戻る