プリンス R380

プリンス R380

1966年、第3回日本グランプリは、富士スピードウェイで行われました。GT-IIクラス優勝はプリンスR380でドライバーは砂子義一でした。プリンスは、第2回日本グランプリの経験をふまえ、プロトタイプレーシングカーとしてR380を開発します。1964年に完成し1965年には茨城県谷田部の自動車高速試験場で、7種目・国内速度記録を樹立します。 プリンスは1966年8月に日産と合併しますが、R380は日産で継続することとなります。
写真は、第3回日本グランプリで優勝した砂子義一の11号車。(http://www.jsae.or.jpより)

諸元

■ 車名:プリンス R380
■ ホイールベース:2360mm トレッド:1280mm/1260mm 重量:660kg
■ エンジン:GR8型 直列6気筒DOHC1996cc 3連装ウエーバー 200ps/8000rpm 17.0kgm/4400rpm
■ ギアボックス:ヒューランド5速
■ タイヤ:前5.00L-15、後6.50L-15


戻る