5代 マニュエル・ロハス(Manuel Roxas) 就任期間:1946年〜1948年 出身:カピス州

5代 マニュエル・ロハス(Manuel Roxas)マニュエル・ロハス(Manuel Roxas)は、フィリピンの第5代大統領。米領フィリピン自治領第3代大統領。第3次共和国初代大統領。 1892年1月1日カピス州カピス(現在のロハス市)で生まれ、1913年フィリピン大学法学部を卒業します。司法試験に合格してフィリピン法科大学の教授となり、後に最高裁判所長官秘書官に就任します。1917年パナイ島カピス市の市会議員として政界入りし、1919年から1921年までカピス州知事を務めます。1932年に下院に当選し11年間下院議長を務めます。1946年、オスメニャとの対立から国民党を離脱して自由党を結成、米領フィリピン自治領第3代大統領に選出されます。同年7月4日の独立宣言、第3次共和国成立時の初代大統領に就任します。4億ドル以上の復興基金を米政府から得る一方、23カ所の米軍基地を99年間貸与する軍事基地協定、米国人の内国民待遇や28年間の特恵関税などが定められたベル通商法などを結び米政府の強い影響下にありました。また、対日協力者に恩赦を出す一方、共産党の影響下にあったフクバラハップ(フク団、旧抗日人民軍、当時人民解放軍)を非合法化して対決色を強めます。1948年4月15日、クラーク基地で演説中に心臓マヒのため56歳で急逝。

(Photograph from Wikipedia)

マニュエル・ロハス サイン


戻る