3代 ホセ・ラウレル(Jose Paciano Laurel) 就任期間:1943年〜1945年 出身:バタンガス州

3代 ホセ・ラウレル(Jose Paciano Laurel)ホセ・ラウレル(Jose Paciano Laurel)は、フィリピンの第3代大統領。日本軍政下の第2次共和国大統領。
1891年、バタンガス州タナワンの生まれ、1915年にフィリピン大学法学部を卒業します。1923年、フィリピン植民地政府の内務長官に就任。その後、上院議員、憲法制定議会議員、最高裁判事、司法長官等を歴任します。 太平洋戦争勃発後は日本に協力し、フィリピン行政委員会委員を務めます。帝国議会で東條英機首相が示したフィリピン独立の方針を受けた独立準備委員会で委員長として憲法を起草、1943年に日本の影響下にある国民議会によって共和国大統領に選出されます、同年11月にフィリピン共和国代表として大東亜会議に出席。 日本の敗戦が濃厚になると山下奉文大将の命令で1945年3月末にフィリピンを脱出して奈良で亡命生活を送ります。1945年8月15日の日本の降伏後にマッカーサー元帥の命令によって奈良で逮捕され、巣鴨拘置所に一時に収監されていました。終戦2日後に第2次共和国の解散を宣言します。 1946年7月帰国、対日協力により132件の反逆罪で訴追されましたが、1948年4月にロハス大統領の恩赦を受けます。1951年に上院トップ当選し1953年にはマグサイサイ大統領の擁立に尽力。1954年には経済使節団長として渡米し、「ラウレル・ラングリー協定」に署名。1957年に公務から引退します。 1959年11月6日に69歳で逝去。アキノ政権時のラウレル副大統領の父親。

(Photograph from Wikipedia)

ホセ・ラウレル サイン


戻る