序論(Introduction)

ルソン島はフィリピン諸島のうちで最も面積の大きな島。面積はおよそ10万4688ku。フィリピンの総面積の35%を占め、首都マニラやフィリピン一人口の多いケソン市はこの島にあります。世界で17番目に大きな島で、世界で4番目に人口が多い島でもあります。南北の長さがおよそ740km、東西の長さがおよそ225kmです。
ルソン諸島はルソン島・バタン諸島・バブヤン諸島・カタンドゥアネス島・ボアク島・マスバテ島・ロンブロン島及びミンドロ島などから構成されていて、8つの地方と、37の州に分かれています。

ミマロパ地方(mimaropar region)の州

南タガログ地方(Southern Tagalog, Region)と呼ばれていましたが、2002年5月17日に2分割されました。ミマロパは、ミンドロ・マリンドゥク・ロンブロン・パラワンそれぞれの州の頭文字をとった名称です。
マリンドゥク州/西ミンドロ州/東ミンドロ州/パラワン州/ロンブロン州の5州。
ミマロパ(Mimaropar)

(Picture from Wikipedia)


戻る