序論(Introduction)

マルセロ・H.・デル・ピラール(Marcelo H. Del Pilar) マルセロ・H.・デル・ピラール(Marcelo H. Del Pilar)は、1850年8月30日に、ブラカン州(Bulacan)クパン(Kupang)で教養のある両親の間に誕生しました。 彼は、イロイロ州(Iloilo)のコレヒオ・デ・サン・ホセ(Colegio de San Jose)で学び、1880年にサント・トマス(Santo Tomas)大学で、法律を学びます。
彼は偏狭と偽善を攻撃し、裁判所で人種差別の貧困犠牲者を弁護しました。彼は、仕事、自尊心、及び人間としての尊厳主義を説きました。 彼の母国語、タガログ語は、統一に必要な多数の意識を引き起こすことを可能にし、スペインの専制君主に対しての抵抗を支えました。
1882年に、農民の間に民主主義の自由思想を普及させるために、彼は、タカログ語の新聞「ディアリオン・タガログ(Diariong Tagalog)」を創刊して修道会による地方政治支配を批判します。 1888年に、彼は致命的な機知と、聖職者の愚行で野蛮な嘲笑を示した、司祭に対する攻撃の小冊子を発行して、ホセ・リサール(Jose Rizal)の論争の文章を擁護しますが、聖職者からの迫害から逃れるため、家族を残したまま、スペインへ逃亡します。
1889年12月に、彼はマドリードのグラシアーノ・ロペス・ジーナ(Graciano Lopez Jaena)と共に、フィリピン改革派の定期刊行、ラ・ソリダリダッド(La solidaridad)の編集者として加わります。 彼は、フィリピンの主張に寛大なスペイン人と連絡をとることにより、論文の目的を促進しました。 彼の下で、新聞の狙いは、修道士の除去と教区の世俗化を含むために拡大されました。 それは、 スペイン政府議会へのフィリピン代表派遣の権利が認められること、フィリピン人聖職者の養成を行うこと、言論の自由、発行の自由、集会の自由が認められること、フィリピン人に法律的平等が与えられること、などでした。
ラ・ソリダリダッド(La solidaridad)10年以上にわたる運動にも関わらず、スペインの支配階級からは何の兆候も現れませんでした。また資金不足を主な原因として、ラ・ソリダリダッド(La solidaridad)誌も1895年11月15日をもって停刊となります。
彼が飢えと非常な窮乏に起因する結核で死ぬ前に、文化融合論者姿勢を拒絶して、武装した反乱を計画し始めます。彼は、この信念を活発に主張しました、「特に悪のために治療を確保してやる平和的な手段が無駄であるとわかるという確信を人々が得たとき、反乱は最後の治療です。」 この考えは、アンドレス・ボニファシオ(Andres Bonifacio)の革命組織カティプナン(Katipunan)に影響を与えました。
彼は、1896年7月4日にバルセロナで肺結核のため亡くなります。 彼の好戦的で進歩的な展望は、フランスの社会哲学者の古典的な啓蒙主義の伝統と、ヨーロッパのブルジョア階級の科学的な経験主義に由来しました。 フリーメーソンによって、この展望の一部は、送信されました。
1962年に発行された5ペソ紙幣に肖像が使用されています。


戻る