白蝶貝(White pearl shell)

白蝶貝(White pearl shell)

ゴールドリップ(Gold lip pearl shell)白蝶貝(Gold lip pearl shell)は、南洋真珠の母貝で、熱帯から亜熱帯にかけて生息する二枚貝。海水産マザーオブパール(Mother of Pearl)としては最大のものです。内面縁部が白色のものはシルバーリップ(silver lip)と呼ばれ、紀伊半島以南、インド洋東部、太平洋、北オーストラリアに多く生息しています。内面縁部がクリーム色のもはゴールドリップ(gold lip)と呼ばれミャンマー、フィリピンに多く生息しています。 現在真珠貝として使用されている主なものは、白蝶貝(しろちょうがい)・黒蝶貝(くろちょうがい)・茶蝶貝(ちゃちょうがい)・あこや貝・淡水真珠貝・コンク貝等が挙げられます。

(Photograph from Wikipedia)


戻る