ジグド・ボーン(Jigged bone)

ジグド・ボーン(Jigged bone)

ジグド・ボーン(Jigged bone)は、牛の臑の骨を、ハンドル材用に加工、着色した物。シェフィールドやゾリンゲンで使用され始めたと言われています。
戸崎 茂 マルコポーロ・フォルダーarrow


戻る