スミス&ウェッソン モデル2 アーミー
画像をクリックすると最大表示します

スミス&ウェッソン モデル2 アーミー

.32 ロング・リムファイアーの6連発。 南北戦争で大量に使用されました。 1866年、1月23日薩摩藩士を装い宿泊していた坂本龍馬と長州藩士、三吉慎蔵ら4名を捕らえようと、百数十人の伏見奉行配下の捕り方が寺田屋を急襲しました。龍馬は所持したこの銃を発射して多数の捕り方相手に大乱闘となり、手傷を負いながらも逃げのびたと言われています。


戻る