コルト M1909

コルト M1909

M1909は、1907の改良型で、パラレル・ルーラー・ロッキング(ティルトバレル式ショートリコイル)の銃口部側リンク無くし、バレルブッシングでバレルを支える方式に改造されました。以降、ティルトバレル式ショートリコイル、あるいはリンク式ショートリコイルなどと呼ばれています。


戻る