コルトM1903 ポケットハンマーレス (Colt_Model_1903_Pocket_Hammerless)

コルトM1903 ポケットハンマーレス (Colt_Model_1903_Pocket_Hammerless)

コルトM1903 ポケットハンマーレスは、ジョン・M・ブローニング(John Moses Browning)の設計で、コルト(Colt Patent Firearms)社が製作した自動拳銃です。1903年から1945年までコネチカット州ハートフォードで製造されました。グリップは、格子縞の硬質ゴムのグリップで出され、1924年に、格子縞のクルミに変わります。1908年には、.38ACP弾を使用するM1908が発売されます。出荷数量は543,000丁。
■ 口径:0.32 ■ 装弾数:8 ■ 重量:680g ■ 全長:177.8mm(タイプT)/171.45mm(タイプU)


戻る