コルト M1900 コマーシャル (COLT M1900 commercial)

コルト M1900 コマーシャル (COLT M1900 commercial)

コルトM1900は、ジョン・M・ブローニングの設計で、コルト社が製作したアメリカでは初めての自動拳銃です。
この銃には、パラレル・ルーラー・ロッキング(ティルトバレル式ショートリコイル)と呼ばれるリンク式のショートリコイル(note1)が取り入れられていました。パラレル・ルーラー・ロッキングは撃発時にバレルとスライドが同時に下がり、バレルがリンクによって引き下げられることによってバレルとスライドのロックが外れブローバックを行なう機構です。M1900はブローバックの際にバレルを引き落とすリンク部分が2つありパラレルの名前の由来になっています。後のコルト社の自動拳銃のオリジナルとなった銃です。この銃は、民間用に製造されたM1900です。
■ 口径:0.38 ■ 装弾数:7 ■ 重量:992g ■ 全長:228.6mm

M1900の出荷数量

1900年、シリアル番号1 -1449の1450丁。1901年、シリアル番号1450-3499の2049丁。1902年、シリアル番号3500-4274の775丁。
最初の陸軍契約
1900年5月16日出荷、シリアル番号11、12、59、60、87-132の50丁。1900年5月23日出荷、シリアル番号133-157の25丁。1900年6月1日出荷、シリアル番号183-207の25丁。
2番目の陸軍契約
1900年12月28日出荷、シリアル番号1501-1550の50丁。1901年1月11日出荷、シリアル番号1551-1600の50丁。1901年1月24日出荷、シリアル番号1601-1650の50丁。1901年2月4日出荷、シリアル番号1651-1700の50丁。


戻る