pichori


序論(Introduction)

銃の歴史は、火薬の発見により始まります。 古代中国の4大発明は、羅針盤、火薬、紙、印刷と言われています。317年頃、中国の道教研究家・著述家の、葛洪(かつこう)が煉丹術(れんたんじゅつ)の理論書である『抱朴子(ほうぼくし)』に、硝石・松脂・木炭を一緒に加熱したときに生じる化学反応を記録しています。
火器は火薬の燃焼性を利用するものから火薬の爆発性を利用するものへと移行していき、爆発火器が大量に使用されます。
1232年、金の開興元年、金軍が蒙古軍に対して「飛火槍(ひかそう)」と呼ばれた火器を使用しています。これは、敕横紙(ちょくおうし)と呼ばれる紙を16枚重ねて作った、長さ約60cmの筒の中に、発火用の柳灰、鉄滓(てっさい)、磁末、硫黄、砒霜(ひそう)など詰めた槍を入れ、端に付けた導火線に点火するものでした。兵士はそれぞれ火種の入った小さな鉄の缶をもち、戦時に点火すると火炎を遠くまで噴射しました。
1259年には、紙筒を竹に変え、弾丸式の火薬を詰めた「突火槍(とっかそう)」が開発されます。竹筒に火薬を装填し、小石も装填します。点火すると敵に向かって小石を飛ばす物で、火薬のエネルギーを利用して物体を発射する筒型火器の原点と言われています。
1300年頃には木筒製の「マドファ(madfa)」と呼ばれた火器が中近東で開発され、かつてのロシア皇帝ピョートル大帝が1703年に収集し、べテルスブルクの図書館に納めていた『シェムス・エディン・モハメネッド文書(Schems Eddin Mohamened)』という文献のなかにマドファを紹介する項目があるそうです。「柄の付いた木筒に粉状の火薬を装填し、それを小孔より導火線によって点火するようになっています。口部には球状のもの、弾丸または焼夷物を置き、柄をとって発射する」と記されているそうです。
1350年頃には、青銅や銅製の筒型火器が開発されます。現存する世界最古の金属製筒型火器は、中国で作られた青銅製の「手把鋼銃」と言われています。
日本では、中国製筒型火器は、室町末期には実戦に使われていて、「石火矢」と呼ばれていました。
青銅の鋳物でできた筒になり、木の柄を取り付けて使用されるようになると「銃筒」「銅銃」「手銃」と呼ばれるようになります。青銅製の筒で石を飛ばす兵器は、反動を地面で受けるため斜めに立てて発射したり、肩にかついで射撃したりします。騎兵用の銃筒は小型で柄も短く、装甲した胸でしっかりと反動を受け止めて発射しました。現存する1332年のモンゴル軍の銅銃は、口径が約11mm、銃身の長さ35cm、重量約4キロの青銅製だそうです。

(中国古代兵器図冊を参照)

コルトM1911「M1911」は、アメリカの銃器設計者、ジョン・モーゼス・ブローニング(John Moses Browning)によって設計され、銃器メーカーのコルト社(Colt)によって製造された、.45ACPカートリッジのシングルアクション、セミオートマチックピストルです。「M1911」の開発は1890年代に、.38ACP (Automatic Colt Pistol) の「M1900」から開発が始まり、1900年代の終わりまで続きました。
.45口径弾は、リボルバー用.45口径弾の短縮とリムレス化した設計の.45ACP 弾が開発され、「コルトM1900」をベースに、.45ACP弾を用いる拳銃として1905年に「コルトM1905」が開発されトライアルに望みます。
トライアルでは、ほこり等の侵入に弱いという「M1905」の、欠点を克服する改良が加えられ、他の多くの競争者を退け、その名前となった1911年にアメリカ軍に制式採用され、軍用拳銃としての制式名称「U.S.ピストル、口径.45、モデル1911」、と名付けられ制式兵器として採用されます。 トライアルarrow
1924年に、改良が加えられ「M1911A1」が制式採用され、その後1985年、後継となるベレッタM92Fが制式採用されるまで、70年以上にわたってアメリカ軍の制式拳銃でした。
民間では「ガバメント・モデル」(官給品)という名称で発売され、これから「ガバメント」や「GM」等の愛称で呼ばれるようにもなります。「M1911」は、その基本設計の中でショートリコイル原理を使用するジョン・モーゼス・ブローニング(John Moses Browning)の設計の最も有名なものです。現代の自動拳銃に広く用いられているこのオペレーティングシステムは、20世紀における世界各国の自動拳銃開発に対し、大きな影響を与えたデザインと言えます。

年表(Chronology)

  • 15世紀
    タッチホール式(Touch hall)
    タッチホール式はヨーロッパにおいて知られる限り、最も初期の形式の火器です。中国で作られた火銃や神鈴によく似ています。モンゴル軍がヨ一ロッパに攻めてきたおりに東欧にもたらされて生まれたと推測できます。弾丸を筒の先端から火薬とともに装填し、熱した石炭や焼けたL字形の鉄棒で火口に点火し発砲する方式でした。
    タンネンベルク・ガンタンネンベルク・ガン(tannenberg gun)
    タンネンベルク・ガンはタッチ・ホール式の火器で、タンネンベルク城から発見された事でこの名称になり、現存する銃砲としては最古のものとされています。写真はレプリカ。左が銃口、右側に棒を差し込み、火口に点火し発砲します。

    (Picture from ULRICH BRETSCHER'S HOMEPAGE)


  • サーペンタイン・ロック式(serpentine lock)同年、サーペンタイン・ロック式(serpentine lock)
    タッチ・ホ一ル式の発展型で、最初の火縄銃と言えるものです。ロックとは弾丸を発射するための点火方式を示した言葉です。人間が火口に着火させるため安定した狙いをつける事が出来ないといった欠点がありました。タッチ・ホ一ル式にサーペンタインと呼ばれるS字型の金具を、装着し、金具の片方に火種を取り付け、片方を引くことにより火薬に点火させ、弾丸を発射する機構の火器でした。

    (Picture from Wikipedia)

  • 1410年、マッチ・ロック式(match lock)
    マッチ・ロック式は火縄銃のことで、引き金を引くと火をつけた火縄が火皿に落ち、火はそこから口薬(くちぐすり)と呼ばれる火薬に引火し胴薬(どうぐすり)と呼ばれる装薬に伝わり、一気に燃焼、爆燃し弾丸を射出する仕組みになっていました。
  • 1510年、ホィール・ロック式(Wheel lock)
    ホィール・ロック式(Wheel lock) ホィール・ロック式はマッチ・ロック式の発展型で、引き金を引くと、火蓋がスライドして黄鉄鉱が回転する歯輪に当たって火花を出し、その火花を火種として点火薬に着火して発砲する機構の火器でした。構造が複雑で高価なためマッチ・ロック式に変わる火器ではなかったようです。
  • 1526年、ベレッタ社の創立
    ベレッタ社は、鉄砲鍛冶だったマストロバルトロメオ・ベレッタ氏(Mastro Bartolomeo Beretta)により、イタリア、ロンバルディア州(Lombardy)ブレッシア(Brescia)にあるガルドーネ・バァル・トロンピア(Gardone Val Trompia)に創設されました。
    ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ(Fabbrica d'Armi Pietro Beretta)arrow
  • 1543年、鉄砲伝来
    火縄銃インドのゴアを出発して中国の寧波(ニンポー)に向かうポルトガル南蛮船が嵐で遭難して、8月25日に種子島南端の門倉岬(かどくらみさき)に漂着しました。これが日本にやって来た最初のヨーロッパ人だと言われています。島津氏の家臣で種子島の領主、「種子島 時尭」(たねがしまときたか)は、鉄砲2丁を2000両で購入。鍛冶職人「八板金兵衛」により複製が製造されます。1丁は島津氏を通して、将軍足利義晴に献上されました。これより、鉄砲は種子島銃とも呼ばれることになります。
    16世紀中ごろのものとして「南蛮筒(なんばんづつ)」とよばれる外国から伝来した鉄炮や、それを真似て日本で作られた「異風筒(いふうづつ)」とよばれる鉄炮が現在も数多く残されています。それらの形が千差万別であることから、いろいろな場所に様々な形状の鉄炮がほぼ同時期に伝来したと言う説もあります。
  • 1576年(天正4年)、日本で最初の大砲
    キリシタン大名の大友宗麟が、日本に布教に来たポルトガル人宣教師達から火縄銃や硝石等と共にフランキ砲を輸入したとされ、日本で最初の大砲といわれる。輸入された二挺のフランキ砲はその大きな威力から「国崩し」と名づけられ、宗麟の臼杵城篭城の際は、その巨大な砲弾と威力で敵の島津軍を驚かせ、食い止めるのに役立った。 現在、臼杵城跡地の臼杵公園にフランキ砲の複製が置かれている。
  • 1610年、フリント・ロック式(Flint lock)
    フリントロック式は、ホィール・ロック式の発展型で、1610年〜1615年にフランスのマルタン・ル・ブルジョワ(Marin le Bourgeoys)が考案したものです。火縄の替わりに火打石と鋼鉄で、火花を出して点火薬に着火する方式の銃でした。
    フリントロックarrow
  • 1680年、ベレッタ社の設立
    ベレッタ社は、1526年、鉄砲鍛冶だったマストロバルトロメオ・ベレッタ氏(Mastro Bartolomeo Beretta)により、イタリア、ロンバルディア州(Lombardy)ブレッシア(Brescia)にあるガルドーネ・バァル・トロンピア(Gardone Val Trompia)に創設されました。
    ファブリカ・ダルミ・ピエトロ・ベレッタ(Fabbrica d'Armi Pietro Beretta)arrow
  • 1742年、ライフリング(rifling)の発明
    英国の、ベンジャミン・ロビンス(Benjamin Robins)の考案により、螺旋状のライフリングが発明されます。ライフリングは、銃砲の銃身内に施された腔線を意味します。螺旋状の浅い溝で銃身内で弾丸に旋回運動を与え、ジャイロ効果により弾軸の安定を図り直進性を高める目的のものです。
  • 1773年、ボス&カンパニー(Boss & Co)の設立
    イギリスのウィリアム・ボス(William Boss)がバーミンガムで銃砲作りを始めます。
    ボス&カンパニー(Boss & Co)arrow
  • 1776年、アメリカ合衆国独立宣言公布
    アメリカ独立宣言が公布されたことを記念して毎年7月4日はアメリカ合衆国の祝日。アメリカでは単に「7月4日」(Fourth of July)と言うことが多い。
  • 1794年、綿繰り機の発明
    米国のイーライ・ホイットニーが綿繰り機を発明し特許を取得。
  • 1799年、綿繰り機のシステムを銃器開発へ転用
    アメリカ政府はイーライ・ホイットニーの綿繰り機のシステムを銃器開発へ転用するための契約を結びます。
  • 1807年、雷管の原理を発明
    スコットランドの牧師、アレキサンダー・ジョン・フォーサイス(Alexander John Forsythe)が、雷酸塩(Fulminate)を起爆剤とした、銃の新しい点火方法の特許を取得。外部から打撃を加えると発火するもので火門や点火孔をふさいでも衝撃によって点火させることができました。
  • 1808年、紙の雷管を発明
    スイスのサミュエル・ポーリー(Samuel Johannes Pauly)が、雷酸塩を詰めた紙の雷管の特許をフランスで取得します。
  • 1812年、ペッパーボックスピストル(Pepper box pistol)
    ペッパーボックスピストル ペッパーボックスピストルは、回転式弾倉と銃身が一体化した形態のリボルバー拳銃の名称で、初期のペッパーボックスピストルは薬室と一体化した複数銃身を、鋳造して製造する方法がとられていました。鋳造の効果と、通常のリボルバー拳銃のように銃身と薬室を回転毎に精密に結合させる技術が必要ないため、内部機構も簡素化がされ安価な発射システムが大量に生産できたといわれています。
  • 1814年、ジェームス・パーディー&サンズ(James Purdey & Sons)の設立
    イギリスのジェームス・パーディー(James Purdey)がロンドンで銃砲作りを始めます。
    ジェームス・パーディー&サンズ(James Purdey & Sons)arrow
  • 1815年、サミュエル・コルト誕生
    サミュエル・コルトarrow
  • 1822年、パーカッション・ロック式(Percussion lock)
    パーカッション・ロック式(Percussion lock) パーカッション・ロックは、アメリカのジョシュア・ショウ(Joshua Show)が考案したもので、薬室の上に突き出た火門に雷管のキャップを被せ、撃鉄で叩いて発火させる方式の銃です。
    パーカッション・ロックarrow
  • 1828年、ピン・ファイアー(Pinfire)の発明
    ピン・ファイアー(Pinfire)フランスの、カシミール・ルフォシオ(Casimir Lefaucheux)が最初の金属薬莢ピン・ファイアー式を開発、1835年に特許を取得します。銅製の管体に火薬と雷管を詰め、底の部分から突き出したピンを強打すると内部にある雷管が激発し、火薬に点火する仕組みとなっていました。
    ピンファイアーarrow

    (Picture from Armas on Line)


  • 1830年、ショットシェル(Shot shell)の発明
    ショットシェル(Shot shell)フランスのカシミール・ルフォシオ(Casimir Lefaucheux)が散弾銃の実包、ショットシェル(Shot shell)を発明します。

    (写真は現在のショットシェル)


  • 1831年(天保二年)、砲術家の高島秋帆が、最初のゲベール銃をオランダから輸入したとされています。その後、江戸幕府や藩が相次いでゲベール銃を購入し、各地で国産ゲベール銃の製造が始まります。
  • 1835年、ホーランド&ホーランド(Holland & Holland)の設立
    イギリスのハリス・ホーランド(Harris Holland)がロンドンで銃砲作りを始めます。
    ホーランド&ホーランド(Holland & Holland)arrow
  • 1836年、コルト社シングルアクションリボルバーピスト(Colt Single Action Revolver)を開発
    サミュエル・コルトは、船の巻き上げ機の構造から弾倉だけが回転して銃身が1本でよいリボルバーを思いつき、アメリカ合衆国特許U.S.Patent 1,304を出願します。 内容は、銃身後方に装備された円筒形のシリンダーに5〜6発の弾薬を装填し撃針(ハンマー)を起こすことでシリンダーが回転。弾薬の装填、排莢作業をする事無く連続して発射が可能(シングルアクション)になるという画期的なものでした。以降ピストルはシリンダーを持つリボルバーが主流となりコルトリボルバーはその先進的な役割を担うこととなります。
    U.S.Patent 1,304pdf
  • 同年、コルト社パターソンモデルの販売開始
    コルト・パターソン サミュエル・コルトは、コルト・パターソンモデルを開発し、販売を開始します。このモデルは、発売当初は良好な成績にもかかわらず、売上は伸びず、生産数は3000挺と、商業的には成功しませんでした。しかし、その大部分は西部開拓者やテキサス・レンジャーに使用され、コルト・リボルバーは必須の武器となり、後に、テキサス・レンジャーのサミュエル・H・ウォーカー大尉とサミュエル・コルトとの共同作業で更なる改良が進められることとなります。
    コルト パターソンモデルarrow
  • 同年、ドライゼ銃(Dreyse Zundnadelgewehr)の発明
    ドライゼ銃(Dreyse Zundnadelgewehr)ドイツの銃工、ヨハン・ニコラウス・フォン・ドライゼ(Johann Nicolaus von Dreyse)によって発明された、世界初の実用的ボルトアクション小銃で、長い撃針が紙製薬莢を貫いて弾底の雷管を撃発させるものでした。撃発機構と弾薬から「ドライゼのニードルガン」とも呼ばれ、日本では火針銃または針打式と呼ばれました。
    ドライゼ銃arrow
  • 1839年、コルト社がアメリカ合衆国特許U.S.Patent 1,304を取得
    U.S.Patent 1,304pdf
  • 1842年、パターソン・パテント・アームス会社破産
    パターソン・パテント・アームス(Patent Arms Manufacturing)会社として知られているパターソン会社は、その器材の多くを競売にかけ、破産訴訟を開始します。
    サミュエル・コルトは、防水弾薬のアイデア、港防御のための機雷と、サミュエル F. B.モースが発明した電報を米国政府に売ることに力をそそぎます。
  • 1845年、コルト社の評判高まる
    アメリカのドラゴンフォースやテキサスでインディアンと戦うことに従事していたテキサスレインジャーズは、インド軍隊を破る際に、コルト銃を使用しコルトの信頼性は大変高まりました。
  • 1846年、メキシコ戦争が勃発
    アメリカとメキシコの間で戦争が勃発し、アメリカ陸軍に大量のコルトピストルが使用されました。同戦争に参加していたアメリカ陸軍のサミュエル・H・ウォーカー大尉はより強力な火器の開発を目指してコルトと共同で作業に取りかかります。
    後に、アメリカ合衆国軍需品部は新しく設計されたリボルバーのうちの1000丁を注文してきました。サミュエル・コルトはそれを「ウォーカー」と呼びました。コルトは工場なしで銃事業に戻りましたが、コネチカット州に工場を持っていた、綿繰り機で有名なイーライ・ホイットニーの息子イーライ・ホイットニー、Jr.( Eli Whitney, Jr.)の協力で、注文品は1847年中頃までに完成して、出荷されました。
    戦争はアメリカが勝利し、現在のアリゾナ、カリフォルニア、コロラド、ニュー・メキシコ、ネバダ、ユタ、ワイオミング各州にあたる地域はアメリカの領土となり、この結果、メキシコは領土の半分以上を失います。
  • 1847年、コルト社はパーカッション式シングルアクションリボルバーM1847を開発。
    コルト・ウォーカー M1847は通称「コルト・ウォーカー」と呼ばれ、パターソン・モデルをテキサス・レンジャーのサミュエル・ハミルトン・ウォーカー大尉の助言をもとに改良された銃です。内容は、口径・銃身長を大きくし、装弾数を増やす事、複雑なフォールディング・トリガー(撃鉄を起こすと引き金が降りてくる)を廃止する、安全のため用心金(トリガーガード)を付ける、などでした。
    コルト M1847 ウォーカーarrow
  • 同年、リムファイアー(Rimfire)の発明
    リムファイアー(Rimfire)フランスの銃工、ルイ・ニコラス・オーギュスト・フロベール(Louis Nicolas August Flobert)が、リムファイアー(Rimfire)を発明。リムファイアーは、銅製の莢底の周囲に雷汞(らいこう)を流し込み固めた薬莢で、莢底の縁のどこを撃っても撃発しました。後にスミス&ウェッソン社が、この特許を買い取ることになります。
    U.S.Patent 11,496pdf
  • 1848年、コルト社M1848 が、アメリカ陸軍の制式拳銃となるコルト M1848 ドラグーン
    M1848は、通称ドラグーン・モデルと呼ばれ、ウォーカー・モデルと同じ44口径のパーカッション式シングルアクションリボルバーで、銃身を9インチから7インチに短縮し、軽量化を図ったモデルです。ファースト・モデルは7,000挺が作られ、1850年にはセカンド・モデルが2,700挺、、1860年にはサード・モデルが10,500挺製造されました。
    コルト M1848 ドラグーンarrow
  • 1851年、サミュエル・コルトが米英で事業展開を開始
    サミュエル・コルトは、イングランドにアメリカ初の工場を設立します、それにより国際的な市場で彼の評判は高まりました。
    次に、彼は、コネチカット州ハートフォードのコネチカット川の岸に面したサウスメドースの土地を購入。そこは、水害が多く大変安い価格で販売されていました。、長さ2マイルの防壁は、実際に250エーカーの2倍多く費用がかかりましたが、1855年に操業の新しい工場は、川の抑制されていない流れから保護されていて、当時の最高水準の工作機械を導入した工場でした。これによってコルトのピストルは職人の手作業による工芸品から統一されたパーツ規格を持つ工業製品の水準となり優れたパフォーマンスを実現しました。
  • 同年、コルト社M1851を開発
    colt M1851 Nnavy M1851は、パーカッション式シングルアクションリボルバーで、36口径や38口径のものは「M1851ネイビー」(海軍)と呼ばれ、44口径のものは「M1851アーミー」(陸軍)と呼ばれました。 コルト社製のパーカッションリボルバーの中では最も売れた銃で、南北戦争で大量に使用されました。
    コルト M1851 ネイビーarrow
  • 1852年、スミス&ウェッソン社設立
    スミス&ウェッソン(Smith & Wesson)、通称S&Wはホーレス・スミス(1808年 - 1893年)とダニエル・ウェッソン(1825年 - 1906)が設立した、銃器メーカー。マサチューセッツ州スプリングフィールドに本社があります。
    スミス&ウェッソン(Smith & Wesson)arrow
  • 同年、スミス&ウェッソン社が、リムファイアーの特許を購入
    スミス&ウェッソン社は、フランスの銃工フロベールにより発明されたリムファイアーの特許を買い取ります。
    U.S.Patent 11,496pdf
  • 1853年、コルト社ロンドンでリボルバーの製造を開始年
  • 同年、ピエトロ・ベレッタ死去(62才)
  • 1854年、スミス&ウェッソン社が、経営権を売却
    資金破綻により経営権を売却、社名がボルカニック・リピーティング・アームス(Volcanic Repeating Arms)社となります。
  • 1855年、ジョン・モーゼス・ブローニングが誕生
    ジョン・モーゼス・ブローニングarrow
  • 同年、コルト・ファイアー・アームズ株式会社、認可
    コルト社は、コネチカット州でコルトファイアーアームズ株式会社(Colt's Patent Fire Arms Mfg. Co.,)として編入。コルト社は当時最高水準の工作機械を導入し、年間5000丁の生産能力がありました。当時のピストルは職人の手作業による工芸品でしたが、パーツを規格統一し優れたパフォーマンスを実現しました。サミュエル・コルト曰く『マシンで生産することができないものは何もない』と。
  • 同年、スミス&ウェッソン社を再建
  • 1856年、サミュエル・コルトの特許U.S.Patent 1,304が終了
    U.S.Patent 1,304pdf
  • 1857年、スミス&ウェッソン社リムファイアー・リボルバーを発表
    Smith & Wesson Model 2スミス&ウェッソン社が、ローリン・ホワイト(Rollin White)の貫通シリンダーの特許を買い取り、初めてのリムファイアー・リボルバーS&Wモデル1を発表します。
    スミス&ウェッソンModel 1arrow U.S.Patent 12,649pdf
  • 同年、コルト社ロンドンの工場を閉鎖
  • 1861年、スミス&ウェッソン社Model 2アーミーを発売
    Smith & Wesson Model 2 Army Model 2アーミーは、.32 ロング・リムファイアーの6連発。 南北戦争で大量に使用されました。1866年、1月23日薩摩藩士を装い宿泊していた坂本龍馬と長州藩士、三吉慎蔵ら4名を捕らえようと、百数十人の伏見奉行配下の捕り方が寺田屋を急襲しました。龍馬は所持したこのモデルの銃を5発、発射して多数の捕り方相手に大乱闘となり、手傷を負いながらも逃げのびたと言われています。
    スミス&ウェッソンModel 2アーミーarrow
  • 1862年、サミュエル・コルト死去
    1月10日にサミュエル・コルトが47才の生涯を終えました。彼は生涯に40万挺以上の武器を生産して、1500万ドル(今の価値で3億ドル)の資産を彼の子孫に残したとされています。
  • 1865年、エイブラハム・リンカーンが暗殺
    4月14日 第16代大統領エイブラハム・リンカーンがフォード劇場で観劇中、俳優のジョン・ウィルクス・ブースによってデリンジャー・ピストルにて暗殺。
  • 1866年、スミス&ウェッソン社の金属薬莢の特許が終了
    コルト社やレミントン社は、それぞれ金属薬莢式リボルバーを発表します。
    U.S.Patent 11,496pdf
  • 同年、ベンダルプライマー(Berdan primer)
    ウーリッチ造兵廠の発明家ハイラム・ベンダル(Hiram Berdan)にちなんで命名されたセンターファイアーのカートリッジで、米国特許U.S.Patent 53388を取得しています。 衝撃を加えられると発火し、発射薬(Gunpowder)に着火して弾丸を発射させる構造で、撃針の衝撃を受け止め銃用雷管(Percussion cap)を発火させる発火金(はっかがね)が、薬莢と一体になった形式でした。発火金が中央にあるため、噴火口は発火金の周囲に、2〜3カ所開けられていました。雷管を薬莢内に入れたために暴発率が低下したことが大きな利点でした。
    U.S.Patent 53,388pdf
  • 1867年、コルト社ガトリング機関銃の生産を開始
    コルトガトリング・M1890 ガトリング砲は、アメリカの医師リチャード・ジョーダン・ガトリング(Richard Jordan Gatling)の発明で、銃軸の周囲に12本の銃身を配置し、ハンドルを手回しで回転させ、連続的に装填・発射・排莢を行う構造を持っていました。銃身一本当たりの発射数が少なくて済むため、火薬の燃焼と摩擦によって発生する熱で銃身に与える影響が少なく、現在でもこの機構が使用されています。
    ガトリングガンarrow
  • 1869年、ボクサープライマー(Boxer primer)
    王立砲兵隊兵舎(Royal Artillery Barracks)のエドワード・ボクサー(Edward Boxer)にちなんで命名されたセンターファイアーのカートリッジで、1866年にイギリスで特許化、1869年に米国特許U.S.Patent 91,818を取得します。
    構造はベンダルプライマー(Berdan primer)と同様ですが、発火金が内蔵された雷管の形式で、噴火口は発火金の中央に、1カ所開けられていました。雷管を交換すれば発火金も交換する事になるため、ベンダルプライマーよりリロードが容易でした。リロードが一般的だったアメリカでは主流となります。
    U.S.Patent 91,818pdf
  • 1868年、明治維新
  • 1869年、大陸横断鉄道が完成
    アメリカ西部の発展に伴い、東部と西部を結ぶ鉄道建設が行われ、 ユニオンパシフィック鉄道とセントラルパシフィック鉄道による路線が、ネブラスカ州オマハからカリフォルニア州サクラメントまでの 2,826 km(1,756マイル)を結び、最初の大陸横断鉄道が完成。これによって西部の開拓と国内市場の統一がますます促進され、1890年代にはフロンティアが消滅します。
  • 1870年、スミス&ウェッソン社No・3モデル・リボルバーが完成
    スミス&ウェッソン社は軍用として活用できるNo・3モデル・リボルバーを完成します。
  • 1873年、コルト社シングルアクションアーミー(SAA)を開発。
    コルトシングルアクションアーミー コルトシングルアクションアーミーは、今も生産されていて、通称SAA又はピースメーカーと呼ばれています。 1892年から20年間アメリカ陸軍の制式拳銃でした。(アメリカ陸軍の正式名はM1873)。
    コルト・シングルアクションアーミーarrow
  • 1875年、コルト社SAAが陸軍制式拳銃となる
    コルト社が開発したコルトシングルアクションアーミー(SAA)がトライアルでS&W モデル3を押さえ、陸軍制式拳銃となります。
    コルト社は1891年までに37063丁の7.5インチバレルのSAAをアメリカ軍に納入することとなります。
  • 1879年、ブローニングが、レェシェル・テレサと結婚
  • 1880年、明治13年に村田経芳(むらたつねよし)により、日本初の元込式ライフル銃が発明され、村田銃とよばれます。
  • ブローニング銃器製造所1882年、ブローニングが、オグデンに銃器製造所を設立
  • 1883年、ウィンチェスター社とブローニングの共同事業開始
    4月 コネチカット州ニューヘブンのウィンチェスター社(Winchester Repeating Arms Company) の副社長T.G.ベネット、とマネージャは、ユタ州のオグデン、に来て、ブローニングとの共同事業の基礎を築きます。
    取引の一部として、シングルショットライフルをウィンチェスターに販売。後のウインチェスターモデル1885となります。
  • 1887年、スウェーデンのアルフレッド・ベルンハルド・ノーベル(Alfred Bernhard Nobel)が、窒素量約12%のニトロセルロースとニトログリセリンを混ぜて練って成形し無煙火薬をつくりバリスタイト(Ballistite)と呼びました。
  • 1892年、コルト社のM1889がアメリカ軍に正式採用
    コルトM1889 M1889は38口径(38ロングコルト)6連発のダブルアクションリボルバーで、シリンダーはスイングアウト方式が採用され、口径もより連続射撃に適した38口径が選択されました。シリンダは左回転、分解プレートは現在のコルトとは反対の右側でした。陸軍に採用されSAAの後継となり、M1889はシリーズでM1902まで製作されました。
    コルトM1889arrow
  • 1893年、ガス圧利用の自動銃が発売
    ドイツのヒューゴ・ボーチャードにより、弾丸を飛ばす火薬のガス圧で後退する遊底により、空薬莢を薬室から抜き取り再び元の位置にバネで戻るときに次の弾丸を薬室に押し込む方式の最初の実用自動拳銃が完成されて売り出されました。このアイデアは、オーストリアのシェーン・バーガーが最初に実現しましたが、商品化はされませんでした。
    この改良型がルガー・ワルサー・モーゼル・ブローニングへと発達して行きます。
  • 1897年、ブローニングが、特許U.S.Patent 580,924を取得 オートマチック拳銃3種、ブローバック式、回転ロック式、パラレルルーラ式。 後のコルトM1900、FN M1900 となります。
    U.S.Patent 580,924pdf
  • 同年、ブローニングとFN社が製造認可の契約を調印
    6月 ブローニングとベルギーのFN社は合衆国以外のすべての市場のブローバック.32口径セミ・オートマチック・ピストルの製造認可をする契約を調印。生産は1899年に開始され、FN モデルM1899ピストルとなります。
  • 1898年、米西戦争勃発
    米西戦争は、2月15日スペインへの抵抗運動が続くキューバにおいて、アメリカ人保護を目的としてハバナ港に停泊していた戦艦メーン号が突如爆発、沈没し、乗員260名全員が死亡しました。アメリカはこれをスペインの謀略として、"Remember Maine"を合い言葉に開戦し、勝利を得ました。
    米西戦争arrow
  • 同年、8月14日、米比戦争勃発
    米比戦争arrow
  • 1899年、FN ブローニングM1900発売
    FN ブローニングM1900 FN ブローニングM1900は、ジョン・M・ブローニング(John Moses Browning)の設計で、FN(Fabrique Nationale)社が製作した自動拳銃です。M1900は、ジョン・ブローニングの最初の市販モデルとなった銃で、1899年から製造され、M1910が登場するまでの10年間でおよそ50万丁が製造されたと言われています。機構は後のコルト社製品に見られる機構のほとんどが組み込まれていました。口径は.32でこの銃用に作られた.32ACPを使用します。装弾数は7発。ストレートブローバックのストライカー方式を採用していました。
    FN ブローニングM1900arrow
  • 1900年、コルト社M1900を発売
    コルトM1900 コルトM1900は、ジョン・M・ブローニングの設計で、コルト社が製作したアメリカでは初めての自動拳銃です。この銃には、 パラレル・ルーラー・ロッキング機構 (ティルトバレル式ショートリコイル)と呼ばれるリンク式のショートリコイルが取り入れられていました。
    コルトM1900arrow
  • 同年、 オリンピックで最初のトラップ射撃が開催
    パリオリンピック(Paris olympics)で最初のトラップ射撃(Trap shooting)が行われ、ベルギー(Belgium)のレオン・ド・ランデン(Leon de Lunden)選手が、金メダルを獲得します。
    当時のトラップ射撃は、生きたハトを使う、ライブ・ピジョン・シューティング(Live Pigeon Shooting)でした。 トラップ(trap)は罠のことで、生きた鳥をトラップ(trap)に入れ、合図とともにトラップを開放して鳥を飛び立たせ、それを撃つ競技でした。 鳥を飛び立たせる役目の人は、罠のふたを開けるための紐を引くことから「引く人」という意味のプーラー(puller)と呼び、現在でも放出機の操作をする人をプーラーといいます。
    トラップ射撃の結果は、1位のレオン・ド・ランデン(Leon de Lunden)選手が21羽、2位のモーリス・フォーレ(Maurice Faure)選手が20羽、3位のドナルドマッキントッシュ(Donald MacIntosh)選手が18羽でした。大会の終わりには300羽の鳩の死骸が残ったそうで、以降、ライブ・ピジョン・シューティング(Live Pigeon Shooting)は廃止され、1908年のロンドンオリンピック(London olympics)からは 石灰にピッチを混入して焼き固めた現在のクレー標的(Cray Piegon Target)を使ったクレー・ピジョン・シューティング(Clay pigeon shooting)となります。
  • 1902年、ブローニングとウインチェスターの共同作業が終了
    ブローニングは自動式散弾銃の市場が無いとするウインチェスターと意見の相違により19年間にわたる関係が終了しました。これによりオート5はFN社で発売することとなります。 同年、コルト社はM1902を発売
    コルトM1902 M1902は、M1900の改良型で、ランヤードリング及びスライドストップの追加、、慣性打撃を行って発火を確実にするため、撃針を短くする、グリップを硬質ゴムなどくつかの改良がされました。
    コルトM1902arrow
  • 1903年、コルト社M1903ポケットハンマーを発売
    コルトM1903ポケットハンマー コルトM1903ポケットハンマーは、ジョン・M・ブローニング(John Moses Browning)の設計で、コルト(Colt Patent Firearms)社が製作した自動拳銃です。M1902の全長を短くした銃です。
    コルトM1903ポケットハンマーarrow
  • 同年、コルト社M1903ポケットハンマーレスを発売
    コルトM1903ハンマーレス コルトM1903 ポケットハンマーレスは、ジョン・M・ブローニング(John Moses Browning)の設計で、コルト(Colt Patent Firearms)社が製作した自動拳銃です。コルト式自動拳銃1903ポケットHammerless.32に値するもの(または7.65 mm)は、1903年から1945年までコネチカット州ハートフォードで製造されました。グリップは、格子縞の硬質ゴムのグリップで出され、1924年に、格子縞のクルミに変わりました。1908年には、.38ACP弾を使用するM1908が発売されます。出荷数量は543,000丁。
    コルトM1903 ポケットハンマーレスarrow
  • 同年、FN ブローニングM1903を発売
    FN1903 FN ブローニングM1903は、1902年にジョン・M・ブローニング(John Moses Browning)によって設計され、FN(Fabrique Nationale)社で製造された自動拳銃です。 M1903は9mmカートリッジを使用し、ベルギー・オランダ・トルコ及びスウェーデンの警察隊と軍隊に採用されました。製造はFN(Fabrique Nationale)社でおよそ60,000丁、ミシンで知られているスウェーデンのハスクヴァーナ(Husqvarna produced)で、94,000丁が製造されたと言われています。またM1903は、.32ACPを使用したコルトM1903小型ピストルとして、コルト社でも製造されました。
    FN ブローニングM1903arrow
  • ブローニング・オート51904年、ジョン・ブローニングが世界初の反動利用式セミオート散弾銃、ブローニング・オート5を発表。
  • 1905年、コルト社M1905を製造
    コルトM1905 M1905は、1903の改良型で、.45口径となり、アメリカ合衆国陸軍制式拳銃の採用試験第1次審査(トライアル)へ提出された銃です。 ブローニングが、45ACPと呼ばれる45口径の弾丸の特許U.S. Patent 808,003を取得します。
    コルトM1905arrow U.S.Patent 808,003pdf
  • 1906年、アメリカ陸軍制式拳銃の採用試験を開始
    サベージ M1906 トライアルセミオートマチックピストルアメリカ兵器廠は、アメリカ陸軍制式拳銃の採用試験トライアルを開始。
    トライアルにはコルト(Colt)、ルガー(Luger)、サベージ(Savage)、ノーブル(Knoble)、ベルグマン(Bergmann)、ホワイトメリル(White-Merrill)とスミス・アンド・ウエッソン(Smith & Wesson)の7社が参加。
    自動拳銃ではコルト(Colt), サベージ(Savage)の2社が選定に残ります。
    サベージ(Savage)arrow トライアルarrow
  • 1907年、コルト社M1907を発売
    コルト M1907 M1907は、1905の改良型で、パラレル・ルーラー・ロッキング機構、最後製品。グリップ・セフティーが装備されました。ミリタリーモデル1907を、コマーシャル用に製造販売を始めます。
    コルトM1907arrow
  • 1909年、コルト社コルトM1909を製造
    コルト M1909 M1909は、1907の改良型で、パラレル・ルーラー・ロッキング機構の銃口部側リンク無くし、バレルブッシングでバレルを支える方式に改造されました。以降、ティルトバレル式ショートリコイル、あるいはリンク式ショートリコイルなどと呼ばれています。
    コルトM1909arrow
  • 1910年、FN ブローニングM1910を発売
    FN ブローニングM1910は、FNブローニングM1910FN ブローニングM1900の後継として開発され、FN社より発売されました。M1910には.32ACPモデルと.380ACPモデルがあり、.32ACPモデルの装弾数は7発、.380ACPモデルの装弾数は6発です。
    FN ブローニングM1910arrow
  • 1911年、コルト社が、U.S. Patent 984,519を取得、45口径セミ・オートマチック・ピストルの特許 。それは、75年間、アメリカ合衆国の公式軍用携帯用武器となります。
    U.S.Patent 984,519pdf
  • 同年、コルト社M1911がアメリカ軍に制式採用
    コルトM1911 M1911は、アメリカの銃器設計者であるジョン・M・ブローニングの設計に基づき、コルト社によって軍用に開発された自動拳銃です。1906年に始まったアメリカ合衆国陸軍制式拳銃の採用試験(トライアル)により、1911年3月29日、.45ACPと共に、アメリカ合衆国陸軍のU.S.ピストル、口径.45、モデル1911(COLT U.S. PISTOL Cal. .45, Model 1911)と名付けられ、アメリカ合衆国陸軍制式拳銃となります。1926年に改良が加えられた「M1911A1」となり、その後1985年、ベレッタM92Fが制式採用されるまで、70年以上にわたってアメリカ軍の制式拳銃でした。今なお、一部の特殊部隊では使用され続けています。
    コルトM1911arrow
  • 1914年、第一次大戦が勃発
    7月28日 オーストリアがセルビアに宣戦布告し、第一次大戦が始まりました。
  • 1918年、11月11日第1次大戦が終了
    講和会議は翌1919年1月19日パリで開催。
  • 1926年、ブローニングが、U.S. Patent 1,578,638を取得、後の、ブローニングスーパーポーズ上下散弾銃。
    U.S.Patent 1,578,638pdf
  • 同年、ブローニング死去
    11/26 ブローニングが、FN 社内にて心不全のため71才の生涯を終えます。
  • 同年、コルト社M1911がM1911A1に改良
    コルトM1911A1 M1911A1は、フレーム・メインスプリングハウジング・グリップセイフティー・トリガ・マガジン及びハンドストック(フェノール樹脂の成形品)等に一部改良を加えたM1911A1に切り替わり、1927年(昭和2年)から改良型のM1911A1に生産が移行しました。グリップセーフティの改良は、親指と人差し指の付け根の部分がハンマーとグリップセイフティーの間に挟まり怪我をした為と言われています。第2次世界大戦中は、コルト社以外で、スプリングフィールド造兵廠、レミントンランド社、シンガー工業、イサカ銃器会社、ユニオン・スイッチ&シグナル社などで生産されました。 この銃は、第2次世界大戦中に製造されたコルト社製です。約40万丁生産されたと言われています。
    コルトM1911A1arrow
  • 1927年、ブローニングが、特許U.S.Patent 1,618,510を取得
    基本設計はブローニング、最終的な設計はFN社のデュードネ・J・サイーブが行い、FN社で完成されハイパワーとなります。それは、ブローニングの最後の拳銃作品となりました。
    U.S.Patent 1,618,510pdf
  • 1933年、コルト社ナショナルマッチを発売。コルト NATIONAL MATCH
    コルトナショナルマッチarrow
  • 1934年、ベレッタM1934がイタリア軍の制式拳銃として採用
  • 1938年、FBIがコルト.38スーパーオートを採用
  • 1939年、第二次世界大戦が勃発
    9月、アドルフ・ヒトラー率いるドイツのポーランド侵攻によって第二次世界大戦が勃発。イギリスを除くヨーロッパ大陸の大部分はドイツに占領。大統領ルーズベルトは、中立法を遵守するとしました。
  • 1941年、太平洋戦争始まる
    Remember Pearl Harbor 日本に対して「ハル・ノート」として知られる要求を突き付け、1941年12月に日本が真珠湾を攻撃。これをうけてルーズベルトは即座に参戦を表明、枢軸国に対して宣戦布告。
  • 1945年、5月にドイツが降伏。日本に対して原子爆弾を投下。
  • 1946年フィリピンの独立記念日
  • 1956年、オリンピックでベレッタ社の銃で金メダルを獲得
    メルボルンオリンピック(Melbourne olympics)でベレッタSO3 EELLを使ったイタリアのガリアーノ・ロッシーニ(Galliano Rossini)選手が、トラップ射撃で金メダルを獲得します。
  • 1957年、ペラッチ社(Armi Perazzi)の設立
    イタリアのダニエル・ペラッチ(Daniele Perazzi)氏がロンドンで銃砲作りを始めます。そして、7年後の1964年、東京オリンピックでペラッチを使ったイタリアのエンニオ・マッタレッリ(Ennio Mattarelli)選手が、トラップ射撃で金メダルを獲得します。

    (2012年11月7日、ペラッチの創始者、ダニエル・ペラッチ(Daniele Perazzi)氏が亡くなります。)

    ペラッチ(Armi Perazzi)arrow
  • 1958年、ブローニング兵器会社を設立
    ブローニングが70%、FNが30%の出資で、カナダにブローニング兵器会社を設立。
  • 1963年、JFケネディが暗殺される
  • 1964年、オリンピックでペラッチ社の銃で金メダルを獲得
    東京オリンピックでペラッチを使ったイタリアのエンニオ・マッタレッリ(Ennio Mattarelli)選手が、トラップ射撃で金メダルを獲得します。
  • 1965年、ブローニングが日本のミロクとの交渉を開始。
  • 1970年、コルト社MKW70モデル・ピストルの生産を開始
    コルト MKW701983年まで製造。
  • 1977年、ブローニング社(Browning Arms Company)の公開株の90%を、FNとミロクが取得
  • 1983年、コルト社MKW80モデル・ピストルの生産を開始
  • 1985年、ベレッタM92が米軍制式採用ピストルに決定
    ベレッタ M9 (92F)は、1985年1月14日、コルトM1911A1に変わりアメリカ軍の制式軍用ピストルM9に制定されました。 ダブルアクション、プロップアップ式ショートリコイル。使用装弾は9mm×19(9mmパレベラム)を使用。
    ■口径:9mm ■全長:217mm ■銃身長:125mm ■装弾数:15 ■重量:975g" ベレッタM91985年、M1911A1に変わる米軍制式採用拳銃のトライアルではベレッタM92とSIG P226を含む7モデルが提出され、最終的にベレッタM92が米軍制式採用ピストルに決定、この際に米軍から「M9ピストル」の制式採用名が与えられました。
    ベレッタ M9 (92F)arrow
  • 1986年、コルト社の持つ1911のパテントが終了
    以後、多くのメーカーがM1911のカスタムワークスとして多くのモデルを誕生させました。
    M1911のメーカーarrow

参考
COLT HISTRY (http://www.coltsmfg.com/cmci/history.asp)
Harold L. Peterson 『A MAN TO REMEMBER』
『What is the historical timeline for Browning』



ページトップ
戻る